ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

自分の音が自分の耳をダメにする

書き譜で完成されている
楽譜ならバランスが取れるのか
というとそんなことないのは
バランスの取り方に困ってる人が
とても多いことからわかりますね。

有吉尚子です。こんにちは!

どんなにキレイな響きになるよう
工夫して書かれた楽譜でも、
奏者が無神経で何も考えない音を
出していては成り立ちません。

そんな無神経なハーモニーを
鳴らしてしまうのは、
日頃の基礎練習や基礎合奏のときに
何の意図もない無神経な音を出して
ガシャッとした響きばかりを
たくさん聴いているというのも
濁りがわからない耳になる点で
一因になっているんですね。

ただの伸ばしの一音だけでも
ハーモニーの核になるのは誰なのか
自分は誰の音に寄せるべきか、
全体の響きはどんな風にしたいか、
そんなことを考えながら
出している音なら音程だけでなく
バランスの違いによる濁りも
聴こえるようになっていくもの。

音の些細な変化を感じ取れるように
耳が育っていくものなんです。

響きのバランスの違いが
聞き取れるかどうかというのは
何度も言いますが才能ではなく
どれだけ日頃たくさんの情報を
音から得ようと耳を澄ましているか
ということに関係します。

だからこそ耳の出来た人は
音出しの無駄吹きのときに
たった一音どんな音を出すかで
相手のソルフェージュレベルが
わかってしまうものなんですね。

自分で演奏する人は
有名奏者や尊敬する先生の音よりも
自分が出す音を聴く機会が多いのは
普通のことです。

一番たくさん聴く音が
無神経にとっちらかっていたら
どんな耳が育つか想像できますね。

あなたはどんな音に影響された耳を
持ちたいでしょうか。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド