アナリーゼ 音楽理論

転調のしかた色々

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズの続き、
今回はp.119「転調」のところから
進めて行きましょう。

以前も書きましたがそもそも転調
というのは移調とは違って、
曲の途中から別の調に変わること
なんですね。

読み替えなんかは移調ですが、
転調というのは作品そのものの
流れの変化のことを言います。

そして転調は実際はどんな風に
起きるのかというのは
本に説明されている通り。

説明の中に「借用」という言葉が
出てきていますが、
これは最初の調から別の調に
完全に移り変わるのではなく、
和音1つか2つかという短い間に
違う調が出て来ることです。

違う調から借りてきただけの
瞬間的な調の変化なので
「借用和音」なんて呼び方を
することがあるんですね。

他の調から和音をちょっとだけ
借りてくるこのことを
「借用」というんです。

「そんな考え方があるんだな」
と知っておくと曲の中で臨時記号が
たくさん出てきたような時に
「もしかして別の調が一瞬
 顔を出してるのかも?」
なんて想像出来るんですね。

別の調が顔を出すってことは
何かそれまでと違った表情や
ニュアンスが求められてる
ってことがわかるので、
音色や歌い方を工夫したりして
ストーリーに説得力を
持たせることができますね。

転調するほどきっぱりと別のお話に
移行するんではなくても
ちょっと違うものを登場させたい、
なんてことはよくありますから
そんなこともあるんだと知ってから
気をつけて楽譜を見てみると
おもしろい発見がたくさんあると
思いますよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド