アナリーゼ 音楽理論

調がわかると何がわかる?

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、
今回はp.119の調の判定から
見ていきましょう。

曲の中ではころころ転調したり
和音を借用したりなど、
色んな変化が付けられていることが
多くあります。

どんな調で書かれているかは
作曲家が作品をどんな色合いで
雰囲気でニュアンスで
表現したかったかということの
現れそのものなので、
演奏している部分が何調なのか
わかっているのと
チンプンカンプンなのでは
表現の説得力や
楽譜の読み込みの深さが
全く変わってきます。

慣れてくればその部分が何調で
書かれているかは瞬間的にパッと
判別出来るんですが、
初めは理論的に分析して
判断の仕方を身に着けていく必要が
あるんですね。

その分析の仕方を知るのが
この「調の判定」の項目です。

調を判別するのは受験や試験の
対策だけでなく実際の演奏を
どう組み立てるかのヒントを
知るためのものです。

調がわからないというのは
楽譜から読み取れることが
ずいぶん少なくなってしまうので
ぜひとも出来るように
しておきたいものですね。

次回は具体的にどう判定するかを
見ていきたいと思います。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド