アナリーゼ 合奏・アンサンブル 音楽理論

実際のフレーズで調性をみてみましょう

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!のシリーズ、今回はp126の例題1から見ていきましょう。

楽典の本を購入したい方はこちらからどうぞ
▼▼▼

このフレーズは完結していないから書いてある一番最後の音は主音では無いんですね。

最後の音が主音であると言うのはピアノとか無伴奏ソロなんかではあることかもしれませんが、オーケストラのパート譜などでは第五音のパートも第三音のパートもその他のパートだってあります。

それに曲の位中で一部だけ転調しているような時もありますし、調性判断の時に最後の音は必ずしもあてになるわけではありませんね。

旋律全体を見ていく必要があるわけです。

ひとつひとつの音が音階固有の音かそうじゃない飾りの音かは本で詳しく解説されているのでここでは改めて書きません。

手順としては本の解説の通りで問題ありませんがもう一つ手っ取り早い見方もあります。

それをご紹介しましょう。

まず全体を見てシャープ系なのかフラット系なのかを判断します。

このフレーズは見るからにシャープ系ですね。

次にシャープの付く順番はファドソレラミシなので、シャープが一番多い調なら何かを考えます。

このフレーズならファとドとラにシャープがあるので、ラまでシャープの調号が付くならシャープ5つのH-durかgis-moll。

でもシャープ5つということは他にソとレにもシャープがなくちゃいけません。

ソは何もつかないのが音階本来の音らしい証拠がいくつかあるので(本の3小節目の解説にあります)ラは音階固有音ではなく臨時に高くなったんだなと判断できます。

ということでこれはシャープが2つのフレーズだということです。

そしてこのラがただの飾りではなくシャープが付いてるのが本来の音らしい証拠もあるってことは、短音階の導音の可能性が高いです。

ラが導音になる短音階はファとドにシャープのh-moll。

ということでこのフレーズはh-mollだとわかるわけです。

手順はなんでも良いのですが、慣れたらこの分析が瞬時に出来て楽譜を見た瞬間に何調なのかわかるようになるんですね。

そしたらこのフレーズの向かう先は主音のHだということ、Fisは盛り上がりの音だってこと、和音はH-D-Fisが落ち着きなんだということなど色々見えてきます。

楽譜からそんなことが見えたらただのシャープがたくさんで指がややこしいフレーズという印象じゃなくなりますね。

調性を調べてみること、実際の曲でたくさんやってどんどん慣れて行ってくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 合奏・アンサンブル, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド