アナリーゼ 合奏・アンサンブル 音楽理論

実際のフレーズで調性をみてみましょう

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp126の
例題1から見ていきましょう。

このフレーズは完結していないから
書いてある一番最後の音は主音では
無いんですね。

最後の音が主音であると言うのは
ピアノとか無伴奏ソロなんかでは
あることかもしれませんが、
オーケストラのパート譜などでは
第五音のパートも第三音のパートも
その他のパートだってあります。

それに曲の位中で一部だけ転調
しているような時もありますし、
調性判断の時に最後の音は
必ずしもあてになるわけでは
ありませんね。

旋律全体を見ていく必要が
あるわけです。

ひとつひとつの音が音階固有の音か
そうじゃない飾りの音かは
本で詳しく解説されているので
ここでは改めて書きません。

手順としては本の解説の通りで
問題ありませんがもう一つ
手っ取り早い見方もあります。

それをご紹介しましょう。

まず全体を見てシャープ系なのか
フラット系なのかを判断します。

このフレーズは見るからに
シャープ系ですね。

次にシャープの付く順番は
ファドソレラミシなので、
シャープが一番多い調なら何かを
考えます。

このフレーズならファとドとラに
シャープがあるので、
ラまでシャープの調号が付くなら
シャープ5つのH-durかgis-moll。

でもシャープ5つということは他に
ソとレにもシャープがなくちゃ
いけません。

ソは何もつかないのが音階本来の
音らしい証拠がいくつかあるので
(本の3小節目の解説にあります)
ラは音階固有音ではなく
臨時に高くなったんだなと
判断できます。

ということでこれはシャープが
2つのフレーズだということです。

そしてこのラがただの飾りではなく
シャープが付いてるのが本来の音
らしい証拠もあるってことは、
短音階の導音の可能性が高いです。

ラが導音になる短音階は
ファとドにシャープのh-moll。

ということでこのフレーズは
h-mollだとわかるわけです。

手順はなんでも良いのですが、
慣れたらこの分析が瞬時に出来て
楽譜を見た瞬間に何調なのか
わかるようになるんですね。

そしたらこのフレーズの
向かう先は主音のHだということ、
Fisは盛り上がりの音だってこと、
和音はH-D-Fisが落ち着きなんだ
ということなど色々見えてきます。

楽譜からそんなことが見えたら
ただのシャープがたくさんで
指がややこしいフレーズという
印象じゃなくなりますね。

調性を調べてみること、
実際の曲でたくさんやって
どんどん慣れて行ってくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 合奏・アンサンブル, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド