アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

調性判断の例外いろいろ

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp124の
3)の例外から見ていきましょう。

この譜例39は見たまま刺繍音を
使っている音形ですね。

この小節は大きく見ると
E-Fis-Gis-Aというa-mollの
旋律的短音階の主音に向かう
音の並びになっています。

次に進みたい音を拾った
刺繍的な飾りとして
臨時記号FとGにシャープが
ついているだけなんですね。

次に4)の例外を見てみましょう。

譜例40のBの次のCは逸音です。

旋律の骨格は本にある通り
B-Aと進んでいて、
その中にオシャレとしてCが
挿入されているわけです。

この旋律はC-durですよと
主音を印象づけたいのか、
この小節の和音が1度か4度か
6度かで主音を含む和声
なのかもしれませんね。

譜例41のAsの次のCも同じこと。

5)の例外は刺繍音ですね。

そして本に書いてある通り
下行音形なのでシャープは
ついてなくて良いわけですね。

そして最後にまとめてありますが
音階の中の全部の音がフレーズに
登場するとは限らないので、
調性は総合的に見て
判断する必要があるんです。

音階の3,4,5,7番目が
全部揃ったら他の調の可能性は無い
と言うことですが、
これも実際の楽譜では
全部揃ってるとは限りません。

結局は実際に歌ってみて
最後の終止でどこに行き着きたいか
というのを感覚で知っていくこと
演奏する中では必要なんですね。

調性感がつくと飾りの音なのか
そうじゃないのかの見分けも
付きやすくなるし、
旋律が大きな動きとして
どこに向かってるかも
わかりやすくなって行きます。

その感覚を裏付けるために、
またいつの間にかトンチンカンな
感覚になっていないか
振り返ってみるために、
調を判断するための基準など
理論を知っていることが
役に立つんです。

音楽理論とソルフェージュは
同時にセットで身につけることが
オススメですよ!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド