ソルフェージュ レッスン

こもった音と柔らかい音の違い

柔らかい音を出そうとすると
鳴りが悪くなる、
そんなことってありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

音質の柔らかさと抜けやすさは
必ず反比例するのでしょうか。

そんなことはないんですが、
そうなんだと思ってる中高生は
意外に多いんですね。

というのは、
まだ若くて聴いたことのある音の
サンプルが少ないから。

・柔らかくて響く
・柔らかくて響かない
・固くて響く
・固くて響かない

同じ奏者でもコントロール次第で
どれも出せるものです。

この人の音はこういうもの、
なんて決まってることでも
無いんですね。

音って遠くで聴いたときと
近くで聴いたときの印象は
当然違うものですが、
聴いたことのあるサンプルが
少なければよく響く鳴ってる音と
キツく鋭い音を
混同してしまうことがあるんです。

同じことで倍音が少なく
こもってよく鳴っていない音を
近くで聴いた時に耳障りがいい
柔らかい音だと
思いこんでしまったり。

例えばパヴァロッティの声は
近くで聴かせてもらったら
一体どう感じるでしょう。
https://youtu.be/rTFUM4Uh_6Y

小さなサロンやデッドば練習室で
このホールで聴こえる発音や音質と
同じになるように練習していたら、
ホールに行った時には発音は確実に
もたついて遅れてしまうし
音質はこもって何を言ってるか
わからなくなってしまいます。

年始の定番になってる格付けの
テレビ番組で毎年
入門用の値段の安いバイオリンと
巨匠が作った歴史あるバイオリンの
弾き比べを観たことはありますか?

あれはいい例だと思います。

広いホールでどんな響きになるか
デッドなスタジオでの音を聴いて
(しかも視聴者はテレビ越しで)
判断するんですが、
音や響きの聴き方や
会場を変えたときの聴こえの違いを
知らないとわからないんですね。

同じに聴こえるという場合
もうそれは聴き比べることに
興味が無いからなんでしょうが、
耳障りが良いこもって鳴らない音を
柔らかくて素敵と感じてしまうのは
コンサートホールで使う楽器を聴く
耳の使い方を知らないから。

大きなホールで最後列まで
よく響く柔らかい音を、
同じ吹き方で狭い部屋で
目の前で聴かせてもらうと
よくわかりますよ。

そういう色んな場面での聴こえ方の
サンプルを自分の引き出しに
入れるためにレッスンでは先生に
色んな音を聴かせてもらうのが
おすすめです。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, レッスン

© 2020 聴く耳育成メソッド