アナリーゼ ソルフェージュ 練習 音楽理論

スケールが出来れば何でも吹ける

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!のシリーズ、今回はp.94の「音階」の続きからみていきましょう!

楽典の本を購入したい方はこちらからどうぞ
▼▼▼

音に番号を振るとわかりやすいというお話でしたが、番号を振ると便利な理由は他にもあるのです。

番号はスケールでの音の順番だけでなく音の役割りも示しているんですね。

例えば1番は音階の中で中心になる大切な音です。

それに対して7番は1番に向いたいエネルギーをとっても強く持った音なんです。

これを「導音」と言います。

主音に導く音ですね。

他にも楽典の本に書いてある通り5番目の属音は1番に向かいたいエネルギーを持った盛り上がりで、4番は色合いを感じさせる下属音なんていう調の中での機能が番号を振って考えるのに慣れるとひと目で分かるようになるんですね。

機能の説明は本に詳しく載ってますが、機能についてはこんな風に盛り上がり色付け導音なんていう感じで知っていたらひとまず充分です。

この1番をなんの音にするかでどんな調でも組み立てられるので知っておくと便利ですよ!

そしてp.95の「和声長音階」については実際の曲の中ではほとんど見かけることはないのでそんなのがあるのね、と思っていただけたらもうそれで忘れてしまって大丈夫(笑)

そしたらp.95の例題、p.96の問題1、問題2をやってしまいましょう!

法則の考え方がわかってたらどうということもない問題ですね。

さくさくやってしまってまたどんどん進めていきましょう!

そして基本的にスケールが出来れば何でも吹けるといわれるくらい演奏や譜読みの
土台になることなので、実際に音を出しながら調性感と指や息のコントロールもスケールの習慣として身につけてしまいましょう。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 練習, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド