楽器練習効率化ガイドブック

なんとなく話しはじめて
話の核心を言ったら続きは
「うんうん」と頷いて察してもらう、
そんな場面って日常会話の中では
結構あるかもしれませんね。

有吉尚子です。こんにちは!

日本人特有なのかどうかは
わかりませんが、
そんな話し方の習慣って
演奏にも影響しているところが
意外にあるんですよね。

例えば繰り返し出てくるフレーズ、
1回目は何だかモヤモヤしたまま
2回目からハッキリしてくるとか、
スタッカートの続くパッセージが
始まって少ししてから
調子が出てくるなんて場面。

最初からハッキリすればいいのは
わかっているのになかなか…
なんていうのは日頃の話し方の
習慣が出ているのかもしれません。

かといって、
「じゃあ話し方を変えましょう!」
なんてことではありません。

自分にどんな習慣があるかを
知っていたら気にすることも
できますし、
無自覚の場合よりコントロールする
意識を持ちやすくなりますから。

まずはそれで充分だと思います。

まず普通に会話するときに必要な
表現やコミュニケーションと
音楽の演奏必要な表現は
日本人にとってはちょっと違うもの
なんだということを
知っておくのはあやふやな演奏に
なってしまいがちな方には
役に立つことかもしれませんね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。