アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

新しい吹き方は良いけど時間がかかる

Pocket

新しい吹き方はうまくいくけれど時間がかかるから毎回はできない、そんなことって経験ありませんか?

確かに早くさらわなきゃならない時間が無いようなときには古い吹き方のほうが慣れているので早くテンポも上げられて「出来上がり」に近づくのは早くなるかもしれません。

でも新しいやり方はなぜ取り入れようと思ったのですか?

古いやり方では出来ないことや不十分なことがあったからではないでしょうか。

仕上がりが不十分になるとわかっている方法でいくら早く仕上がったって不満が残る以前のやり方のまま。

本当に行きたい方向には全然近づいていませんよね。

そして新しいやり方に慣れるのには時間がかかるのは自然なこと。

古い吹き方=早く仕上がる

新しいやり方=時間がかかる

ではないのです。

今のあなたにとって新しいより良いやり方よりも古いダメなやり方のほうが慣れているというだけのこと。

新しい吹き方の方が古いものよりも慣れているという状況にするのは根気強い繰り返しの練習です。

あなたは本当は時間をかけてもより良い奏法や表現に近づきたいと思ってますか?

それとも不十分な過去のやり方で手っ取り早く終える方が今は大切な局面ですか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド