楽器練習効率化ガイドブック

新しい吹き方はうまくいくけれど
時間がかかるから毎回はできない、
そんなことって経験ありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

確かに早くさらわなきゃならない
時間が無いようなときには
古い吹き方のほうが慣れているので
早くテンポも上げられて
「出来上がり」に近づくのは
早くなるかもしれません。

でも新しいやり方はなぜ
取り入れようと思ったんですか?

古いやり方では出来ないことや
不十分なことがあったからでは
ないでしょうか。

仕上がりが不十分になると
わかっている方法で
いくら早く仕上がったって
不満が残る以前のやり方のまま。

本当に行きたい方向には
全然近づいていませんよね。

そして新しいやり方に慣れるのには
時間がかかるのは自然なこと。

古い吹き方=早く仕上がる
新しいやり方=時間がかかる

ではないんです。

今のあなたにとって
新しいより良いやり方よりも
古いダメなやり方のほうが
慣れているというだけのこと。

新しい吹き方の方が古いものよりも
慣れているという状況にするのは
根気強い繰り返しの練習です。

あなたは本当は
時間をかけてもより良い奏法や
表現に近づきたいと思ってますか?

それとも不十分な過去のやり方で
手っ取り早く終える方が
今は大切な局面ですか?

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。