アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

ゆっくりなテンポでのスタッカート

Pocket

「ゆっくりするとスタッカートがやりにくいんですが、ゆっくり練習のときはどうしたらいいんですか」というご相談をレッスンのときにいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

これはやり方のアイデアが必要ではありますが、それ以前にやりにくさを感じるという事自体に意味があるんです。

スタッカートは勢いに乗ってある程度速いスピードでやる方が快適にできるんですよね。

なので初めてのときはゆっくりよりも速くやる方が感じをつかむのにはいいでしょう。

そして速くやっているときは発音や語尾の処理が結構雑でも意外にそれっぽくなりますね。

・何となく跳ねる

・音を短くする

そんなイメージだけでスタッカートをやっているとゆっくりになったときにどんな発音で語尾の処理をどうしたらいいかわからなくて居心地の悪い感じになるのかもしれませんね。

そしてそんな居心地の悪さを感じるというのは始めたばかりの頃に比べてコントロールする余裕があるということでもあり耳もできて来ている証拠で、さらに上達するチャンスです。

長く吹いてきてもっと上達を目指したい!と思うならスタッカートでゆっくりなテンポになったときの発音や語尾がどうなってるか調べていくのはぜひやっておきたいことですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド