楽器練習効率化ガイドブック

「ゆっくりするとスタッカートが
やりにくいんですが、
ゆっくり練習のときは
どうしたらいいんですか」
というご相談をレッスンのときに
いただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

これはやり方のアイデアが
必要ではありますが、
それ以前にやりにくさを感じる
という事自体に意味があるんです。

スタッカートは勢いに乗って
ある程度速いスピードでやる方が
快適にできるんですよね。

なので初めてのときは
ゆっくりよりも速くやる方が
感じをつかむのにはいいでしょう。

そして速くやっているときは
発音や語尾の処理が結構雑でも
意外にそれっぽくなりますね。

・何となく跳ねる
・音を短くする

そんなイメージだけで
スタッカートをやっていると
ゆっくりになったときに
どんな発音で語尾の処理を
どうしたらいいかわからなくて
居心地の悪い感じになるのかも
しれませんね。

そしてそんな居心地の悪さを
感じるというのは
始めたばかりの頃に比べて
コントロールする余裕がある
ということでもあり
耳もできて来ている証拠で、
さらに上達するチャンスです。

長く吹いてきてもっと上達を
目指したい!と思うなら
スタッカートでゆっくりなテンポに
なったときの発音や語尾が
どうなってるか調べていくのは
ぜひやっておきたいことですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。