楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.115の
「移調と転調」からいきますね。

この項目ははっきり言って実際に
やらなければどうにもなりません。

「楽典の本をまだ持ってないよ」
という方はこちらからどうぞ!
(アマゾンリンク)

まず移調と転調の違いですが、
これは本に書いてある通りで
特に問題なくわかると思います。

クラリネットやサックスなど
移調楽器を演奏される方なんかは
得意なあたりかもしれませんね。

調というのはその作品の雰囲気を
決定付けるのでむやみやたらと
違う調に移調して演奏する
なんてことはほとんどありません。

例えばG-durで書かれた爽やかな
明快な作品も半音ずらしたFis-dur
にでもなれば何だかくぐもった音の
スッキリしない雰囲気になります。

作曲家が意味があって選んだ調を
わざわざ変えるというのは
よっぽどの必要があってのアレンジ
ということになるんですね。

そんな中で移調が必要になるのは
ポピュラー作品で歌い手の声域と
合わなかったりする場面です。

あとはホルンでinCの楽譜を
演奏するとか、
クラリネットでサックスの楽譜を
読むとか、
実音でなく記譜で書かれたスコアを
読む時とか、
そんな場合に移調の能力は
必要になります。

転調は単純に曲が前の調から
次の調に進むことですね。

この前提を頭に入れた上で、
譜例28を見てみましょう。

a-mollのフレーズがd-mollに
移調されていますね。

以前音階に番号を振る考え方を
「番号唱」という名前でご紹介
したのを覚えていますか?

C-durなら
ドが1、レが2、ミが3…シが7。

F-durなら
ファが1、ソが2、ラが3…ミが7。

という主音から番号を振るやり方、
思い出してみてくださいね。

そしたらこの譜例28のa-mollの方、
これの各音にラを1、シを2…
という風に番号を振ってみたものが
書いてある楽譜の下の
ローマ数字の部分です。

下の段のd-mollも同じですね。

音階を番号に直して移調したい調の
番号の音に変えていくと、
簡単に移調ができてしまう
というわけです。

同じやり方が譜例29の他の例として
書かれているので、
これも確認してみてくださいな。

これはスコアを読むようなときに
すごく役に立つやり方なので
ぜひ覚えておいてくださいね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。