コミュニケーション 思考と心

苦情から聞く本当の願い

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

トンチンカンなアドバイスから本当に伝えたいことを聞く、ということを書きましたがこのやり方は以前ご紹介した「ノン・バイオレント・ コミュニケーション」(NVC)という手法を参考にしています。

結構前の記事だったので忘れてしまっているか日々の大量の記事を読みきれずにスルーしているということもあるかもしれませんね(笑)

「共感コミュニケーション」なんて呼ばれていて、どんな人のどんな主張にも満たされていない欲求を満たしたいというその人が本当に願うことが隠されている、という考え方だそうです。

名乗らないで罵詈雑言並べるような礼儀のなってない人に対してもその人がどんな願いを持った上でそういう乱暴な主張をするのか推測できると自分の心を安全にしておくために役立つと感じます。

シンプルなところだと「自分が出来ないことを軽々とやってる人を見て、出来ない自分の価値が低いと感じたくないんだな」とか「いつも自分が指摘されることを誰かに伝えてみたいんだな」とか。

主張してるそのこと自体よりもそこから得られる本人のメリット(メンタル的なものを含めて)を考えてみるとその人が相手に迷惑や危害を加えたいのではなく安心を求めていたり自分の価値を確かめたかったり、なんていう風に肯定的な本当に求めているものを想像できたりもするんですよね。

そういう風に考えてみると無意味に悪口を撒き散らす人なんて世の中にいなくて誰でも何かしらの求めることがあるからこそ刺激的な言葉を選んだりして誰かの気を引こうとしたりするのかもしれませんよね。

身近で実際に顔を合わせる人ならより良い関係でいるためにその人がどんなことを願って求めてないアドバイスやトンチンカンなダメ出しなどおかしなことをしてしまうのか想像することができたら、本人に意図を尋ねてみることも感謝を持って対応することもできるかもしれませんね。

相手が本当に求めていることに寄り添ってみること、結構オススメですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド