アナリーゼ コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

ハーモニーはストーリー

Pocket

プロで演奏活動していて旋律の聴音はある程度得意!なんて方でも和声になるとさっぱり取れなくなってしまったり、同じ声部を横に聴けば取れるけど和音度や前の和声との違いは聴き取れていない、なんてこともソルフェージュのレッスンではあるあるです。

有吉尚子です。こんにちは!

和音の変化は曲の盛り上がりや落ち着きなどストーリー展開の大切な要素なので是非とも聴き取れるようになりたいですね。

今回は簡単な和音を聴き取ることとハーモニーを合わせる練習方法をご紹介します。

まずはこの5小節間をピアノかハーモニーディレクターかスマホのアプリで弾きながらどんな印象のフレーズなのかを聴いてみましょう。

2016-10-27_14-35-44

こんなところに気をつけましょう。

・一度と四度の響きはどんな風に違うか。

・全体の進行からどんな印象を受けるか。

思考が整理されて記憶にも残りやすくなるので面倒がらずに言語化してみましょう。

正解はないので自分なりの言葉で硬さ・温度・匂い・味・明るさなどしっくりくる表現を探してみるのがいいですね!

この時、近くに誰かいたら横から口出しして「正解」をさっさと言しまわないように釘をさしておきましょうね。

人それぞれ感じ方は違うので誰かの「正解」を周りみんなが同じように感じるわけはありませんから。

とはいえもし数人でやっているなら仲間同士で言葉の表現のアイデアを出し合うのは発想や表現の幅が広がる良いことなのでオススメです。

そんな風に順番に

・四度から一度に戻った時どんな感じがするか

・一度から五度に行った時はさっきの一度から四度に行った時とどんな風に違うか

・五度から一度に行くのは四度から一度に行くのとどう違うか

なんてことも丁寧に一つ一つ言語化していきます。

それができたら1つの声部を声で歌いながらピアノで和音をつけてみます。

声質や声量はどうでもいいのでさっきの和声の移り変わりが聞こえているかどうか気にしながら歌ってみましょう。

仲間とやっていたら歌うのは順番に一人ずつの方が和音をよく聴けて良いですね。

慣れてきたら歌っている声部はピアノの音を抜いて弾いてみます。

2016-10-27_14-36-05

そうすると純正律により近づけてハーモニーの合わせ方を練習することができます。

真ん中は一番聴き取るのも合わせるのも難しいので低い声部と高い声部がそれぞれできてからやってみましょう。

これをいろんな和音進行で色んな調で繰り返しやることで自分のパートを演奏しながら曲のストーリーの展開がどうなっているかや周りのハーモニーがどう変わって行くか聴いて合わせることができるようになっていきます。

いいなと思ったら合奏の休憩中なんかに是非やってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド