楽器練習効率化ガイドブック

いつもなんだかめんどくさかったり
不自由でやりにくいような動きが
何かで腹を立ててる瞬間には
不思議と軽々できてしまったり、
とても間に合いそうにないと思って
急いだら予定より早く終わったとか
そんなことはありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

わたしはそんなことって
結構よくあるんですが
みなさんはどうでしょうか。

普段はなかなか腰が上がらないことも
怒ってるときや急いでいるときは
なんてことなくこなせてしまう、
それっていわゆる
「火事場の馬鹿力」
というやつなんでしょう。

そんな現象って不思議だと
思うかも知れませんが、
実は怒ってたり急いでたりすると
のんびりくつろいでるときとは
違った身体の使い方
しているんですよね。

たとえば。

「今日は寝坊して遅刻だから
できるだけ急いで準備しよう!」
そんなときにいつもよりゆっくり
動く人はいませんよね。

動作は機敏になってるはず。

そして機敏になるために頭や背骨や
他の身体のあちこちが動きやすく
なっているのではありませんか?

怒ってるときも同じ。

「何度も植木に水をやってって
言ったのに!」

そんなときは自分でさっさと
水をやってしまうために
きっとテキパキと動けるでしょう。

これもアドレナリンやなんかで
興奮して身体の動きが良くなっている
パターンの一つですよね。

急いだり怒ったりしたときに
のんびりグダグダ動く人は少なくて
普通はどちらかというと活動的に
なっているのではないでしょうか。

では。

大切な本番で身体も楽器も
いろんな複雑なコントロールを
したいような場面で
「落ち着いてリラックスして」
と自分に言い聞かせるのは
役に立つでしょうか。

今の話の流れから行くと
逆効果になりますね。

瞬間的な反応を求められたり
微細な音や仲間の変化に気付く
注意力を持っていたい時は
「落ち着いてリラックスして」
なんてやってる場合じゃ
ありません。

人前での演奏はリラックスして
落ち着いてできるほど
簡単なことじゃありませんから。

実はピリピリしたり
神経過敏のようになったりするのは
演奏に役に立つことであり、
いいパフォーマンスのために身体が
準備していることでもあるんです。

そのせっかくの身体の準備を
「落ち着いてリラックスして」
と台無しにするなんて
もったいない!

どうせならそのエネルギーを
使ってパフォーマンスを
さらに良くしてしてしまいたい
ものですね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。
この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。