アナリーゼ コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 思考と心 音楽理論

音程リズムが気になる程度の耳

Pocket

コンサートを聴きに行った時、「音程やリズムが合ってない」なんて思うことはありますか?

または「俺にはこれが聞こえてる」「この違いがわかる自分スゴイ!」そんな風に思いながら音程リズムのズレを気にしてばかりいる人に出会ったことはありませんか?

音程とリズムのズレが気になって他のことが聞けない、それって本当は大した耳じゃない証拠なんですよね。

もしも音程とリズムのことが気になってしまって音楽の流れがどうなってるかなどに耳が向かなかったとしたら、それがその人の耳のレベルです。

もちろん音程もリズムも無駄にズレてるよりは合ってる方が良いのは間違いありませんが、音楽には音程とリズム以外にもたくさんの要素がありますよね。

ニュアンスの変化やテンポ感、リズムの表現の仕方、全体を通してみたストーリー性、そんなたくさんの要素に目が向かないということはそれらを聴くことのできていない耳のレベルだということ。

つまり音楽の大部分が聴こえてないということなんです。

いくらソルフェージュや理論や演奏するための技術を知っても聴くときに音程やリズムだけにとらわれて表現されてる心や音楽の本質に目を向けられなくなるというのは起こりがちなことかもしれません。

それって音楽自体から離れてしまう本末転倒なことですよね。

だから基礎はいらないかというとそういうものではありませんが、何のために理論やスキルを身に付けたいのか忘れてしまうのは危険かもしれません。

心に留めておきたいことですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド