アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション 思考と心 本番 練習

上手だと思われるための窮屈な演奏

Pocket

「批判されたくない」

「下手って思われたくない」

「評価されて受け入れられたい」

コンクールやオーディション、レッスンなど誰かの評価にさらされる機会があるとその人に気に入ってもらおうとか評価されようという下心が知らないうちにムクムクと顔を出してきてしまうのですよね。

評価されなければ意味がないオーディションなどは完全に他人の目線を気にするなというわけにはいきませんよね。

気にしないつもりでもついつい「こういう演奏の方が審査員は気にいるかな」なんて思考が出てきてそれに寄せていくなんてことはありがちだと思います。

無心に自分が良いと信じるような演奏をし続けるのって本当に難しいですね。

それでも

「受からなかったのはここが審査員の趣味と違ったから?」

「次のときにはこうやったら気に入ってもらえるかな?」

なんて考えはじめてしまったら要注意。

そんな思考での演奏を続けているとあなたがやりたい音楽、本当に魅力に感じている部分をないがしろにして他人の趣味に合わせるという無限に答えの見つからない泥沼にはまってしまうかもしれません。

そうなると自分が本当にいいと思ったものは評価されないから誰かが良いという歌い方や表現を言われるがままやってみたり、有名奏者の演奏をそっくりコピーするだけになってみたり、なんてことに。

そうなったときはもう自分の感覚が信じられなくなって心は窮屈だし一体何のために音楽をしているのかもわからなくなってしまうかもしれません。

音楽がとてもとても好きで真剣に向き合えば向き合うほど自分が信じられなくなっていく、悲しいことですね。

どんな場面でも自分が好きで良いと思うものを無視してしまってはやっぱり聴いてる人には魅力は伝わらないもの。

目の前にいる人がお客さんでなく審査員だったとしても、誰かのコピーをする人ではなくあなたの演奏を聴いてるのです。

あなたの主張が聴こえてこないと音楽がつまらないのですよね。

その軸になるのが基礎力。

基礎がないと他人の評価を頼りに生きていくしかありません。

あなたはこの先ずっと他人の評価に左右されて生きたいですか?

そうなると自分が好きだと思う曲の魅力や表現は一体どこへ行っちゃうのでしょうか。

行き詰まったら立ち止まってみてもたまには良いかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド