楽器練習効率化ガイドブック

「批判されたくない」

「下手って思われたくない」

「評価されて受け入れられたい」

コンクールやオーディション、
レッスンなど誰かの評価に
さらされる機会があると
その人に気に入ってもらおうとか
評価されようという下心が
知らないうちにムクムクと
顔を出してきてしまうんですよね。

有吉尚子です。こんにちは!

評価されなければ意味がない
オーディションなどは
完全に他人の目線を気にするな
というわけにはいきませんよね。

気にしないつもりでもついつい
「こういう演奏の方が
審査員は気にいるかな」
なんて思考が出てきて
それに寄せていくなんてことは
ありがちだと思います。

無心に自分が良いと信じるような
演奏をし続けるのって
本当に難しいですね。

それでも

「受からなかったのはここが
 審査員の趣味と違ったから?」

「次のときにはこうやったら
 気に入ってもらえるかな?」

なんて考えはじめてしまったら
要注意。

そんな思考での演奏を続けていると
あなたがやりたい音楽、
本当に魅力に感じている部分を
ないがしろにして
他人の趣味に合わせるという
無限に答えの見つからない泥沼
はまってしまうかもしれません。

そうなると自分が本当にいいと
思ったものは評価されないから
誰かが良いという歌い方や表現を
言われるがままやってみたり、
有名奏者の演奏をそっくりコピー
するだけになってみたり、
なんてことに。

そうなったときはもう自分の感覚が
信じられなくなって心は窮屈だし
一体何のために音楽を
しているのかもわからなくなって
しまうかもしれません。

音楽がとてもとても好きで
真剣に向き合えば向き合うほど
自分が信じられなくなっていく、
悲しいことですね。

どんな場面でも自分が好きで良いと
思うものを無視してしまっては
やっぱり聴いてる人には
魅力は伝わらないもの。

目の前にいる人がお客さんでなく
審査員だったとしても、
誰かのコピーをする人ではなく
あなたの演奏を聴いてるんです。

あなたの主張が聴こえてこないと
音楽がつまらないんですよね。

その軸になるのが基礎力。

基礎がないと他人の評価を頼りに
生きていくしかありません。

あなたはこの先ずっと他人の評価に
左右されて生きたいですか?

そうなると自分が好きだと思う
曲の魅力や表現は一体どこへ
行っちゃうのでしょうか。

行き詰まったら立ち止まってみても
たまには良いかもしれませんね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。