楽器練習効率化ガイドブック

音楽をする人なら必ず一度は
「思ったように表現できたら、
自由に歌い回せたら
気持ちいいだろうな」
思ったことはあることでしょう。

有吉尚子です。こんにちは!

メトロノームからずれたとしても
音楽的に歌えて基準のテンポに
戻って来られたら良いんですよね。

でも自由に歌いたいと思いながら
メトロノームから意図的に
外れることはあんまりできなくて
ついカチカチ音に合わせてしまう。

それってなぜなんでしょう。

まず一つは音楽的な主張をするのが
怖かったり自信が無かったり
または音楽的なアイデアが少なくて
演奏に自信を持つために
「メトロノーム通り」
という自分以外の基準に
合ってることを重視してしまう
というのがあるでしょう。

これは楽譜を読むことに自信がない
というパターンですね。

どこがどう盛り上がるのか
どこに向かっていくのか、
そういうストーリーが楽譜から
読み取れると歌いまわしに自信が
持てるようになっていきます。

もう一つはテンポを揺らしたあとに
戻って来たい軸になるビートが
わかっていなからメトロノームから
離れられないというパターン。

こちらはソルフェージュの問題

こっちの問題で必要なのは
どのタイミングで伸び縮みを調整し
元のビートに戻すか計算できて、
元のテンポはどれくらいだったか
曲の中から感じ取れるスキルです。

どちらも一朝一夕に解決出来るもの
ではありませんが、
原因が違うのでアプローチ方法も
違ってくるんですね。

もしもあなたがテンポを揺らすのが
怖いと感じるなら、
原因はどちらだと思いますか?

自分じゃよくわからないから
実際にみてもらってどちらなのか
知りたいという方はレッスンで
お会いしましょうね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。