アナリーゼ ソルフェージュ レッスン 思考と心 練習 音楽理論

メトロノームから離れられない原因

Pocket

音楽をする人なら必ず一度は「思ったように表現できたら、自由に歌い回せたら気持ちいいだろうな」思ったことはあることでしょう。

メトロノームからずれたとしても音楽的に歌えて基準のテンポに戻って来られたら良いんですよね。

でも自由に歌いたいと思いながらメトロノームから意図的に外れることはあんまりできなくてついカチカチ音に合わせてしまう。

それってなぜなんでしょう。

まず一つは音楽的な主張をするのが怖かったり自信が無かったりまたは音楽的なアイデアが少なくて演奏に自信を持つために「メトロノーム通り」という自分以外の基準に合ってることを重視してしまうというのがあるでしょう。

これは楽譜を読むことに自信がないというパターンですね。

どこがどう盛り上がるのかどこに向かっていくのか、そういうストーリーが楽譜から読み取れると歌いまわしに自信が持てるようになっていきます。

もう一つはテンポを揺らしたあとに戻って来たい軸になるビートがわかっていなからメトロノームから離れられないというパターン。

こちらはソルフェージュの問題

こっちの問題で必要なのはどのタイミングで伸び縮みを調整し元のビートに戻すか計算できて、元のテンポはどれくらいだったか曲の中から感じ取れるスキルです。

どちらも一朝一夕に解決出来るものではありませんが、原因が違うのでアプローチ方法も違ってくるんですね。

もしもあなたがテンポを揺らすのが怖いと感じるなら、原因はどちらだと思いますか?

自分じゃよくわからないから実際にみてもらってどちらなのか知りたいという方はレッスンでお会いしましょうね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 練習, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド