アレクサンダー・テクニーク 思考と心 本番 練習

ショックを受けたら上手くなるか

Pocket

本番が終わった後に振り返って「ここがもっとできたら・・」「あそこが上手く行かなかったな」そんな風に思うことってきっとたくさんありますよね。

どうせならそういう悔しい思いは次に活かしたいものですが、ただ「次はもっと頑張ろう」と思うだけでは結局何も変わらないんですよね。

一体どんな振り返り方をしたら次に繋がるんでしょうか。

これって仕事をしてるひとならきっと一度は耳にしたことのある「PDCAサイクル」というのがひとつのヒントになるかと思います。

P→Plan(計画)
D→Do(実行)
C→Check(評価)
A→Action(改善)

何に近づきたいのかわかっててそのために必要なことを準備する、これはすでにやっていますよね。

そして実際に本番で演奏したら、どこがどんなだったからじゃあ次は何をどうしたいのかはっきりさせる、それが評価改善の部分です。

「何となく上手く行った」「ミスしたからへこんでる」

それは反省じゃなくてただ感情に流されているだけ。

それじゃあ「次はもっとがんばる」なんて具体性のない目標になってしまっても不思議ありませんね。

何をどう頑張るかをただ決意するだけでなくスケジュールレベルで予定立てするのが次に活かす反省です。

もちろんショックを味わい尽くすというのは役に立つ面もありますし感情に流されるのがダメだということではありません。

ここで言ってるのは反省と次へのプラン立てを感情に浸ることと混同しないようにということ。

次の策を考えずただ単にショックを受けるだけで上手くなるなら、楽器の上達は簡単なことでしょう。

そうではないから頭を使った人が上手くなっていくんですよね。

ひとしきりネガティブを味わったら次に向かうときには冷静に具体的な
計画立てをしたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド