アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習

「もっと練習すれば」「もっと集中すれば」と思ってる人へ

Pocket

今までに長いこと演奏してきてどうしても上手くいかなかったりいつも引っかかってしまったり、ということを解消する手段に何を選んできましたか?

有吉尚子です。こんにちは!

もしかしたら「もっと練習時間を取る」「もっと真剣に、ちゃんとやる」なんていうのが普段最初に思いつく対策かもしれませんね。

とはいえ今までだって可能な範囲でできるだけの時間をかけてきたし、その時に持てるだけの集中力を使って向き合ってきた結果が今の状態ではないでしょうか。

それならもっと長時間もっと真剣にというのはあまり現実的な解決策にはなりませんよね。

それにたとえ今より長時間・真剣に練習をしたとしても、やっている内容や意図が同じなら現在の延長線上の結果しか出ないのは明らか。

「もっと長時間・もっと真剣に」というのはもしかすると今後変わるために本当に必要なのはどういうことなのか考えることをサボるための抜け道になってしまうという面もあるかもしれません。

だって知らなかった情報を得たり新しい練習方法を取り入れたりなんてことをするのはこれまでの延長で動くよりもたくさんのエネルギーが必要だし、めんどくさかったりもしますから。

「時間が集中力が足りないからできなくて仕方ないんだ」ってことで話を完結させておく方がラクなのは間違いないんですよね。

もしも困りごとの解決策としてすでに今までやってきたことしか思い浮かばないのなら、持ってる手札の中に進歩のヒントは無いってこと。

同じことをしていたら大きな成長や上達は見込めないので何か新しい情報を仕入れたり違うことを経験する必要があるかもしれませんね。

そんなとき自分に何が足りなくて新たに何を知るべきか適切な判断をしてくれるのはその道を通ったことのある人。

火の起こし方を自分で発見するよりやり方を知ってる人に尋ねる方が火を起こした先のことにずっと早く着手できますよね。

行き詰まったときには実際にあなたが行きたい方向にすでに進んでる人からヒントをもらうというのがやっぱり一番効率的ですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド