アナリーゼ 合奏・アンサンブル 音楽理論

飾りの音の種類

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.123の
調判断の基準の例外に入る前に
ちょっと追加の解説です。

このいくつかの例外は
旋律の骨格と飾りを
見分けられたら簡単なんですが
そのヒントになるのが、
飾りにはどんな種類があるか
知っていること。

クリスマスツリーが
一見どんなに派手でも
本体はモミの木だってわかるのは
電飾や靴下や丸っこいキラキラ
したものがただの飾りだって
知ってるからですよね。

いくら大きくて光ってたとしても
靴下は本体じゃありません。

旋律も同じこと。

どんな飾りのパターンがあるか
わかってたら旋律の骨格本体は
どれなのか見えやすくなります。

では具体的にざっくり説明すると、
・刺繍音(ししゅうおん)
・経過音(けいかおん)
・倚音(いおん)
・逸音(いつおん)
・先取音(せんしゅおん)
・掛留音(けいりゅうおん)
何ていうのがあって
全部引っくるめて非和声音
と言います。

非和声音っていうのは
その調の音階に本来含まれていない
飾りで使われてる音のことです。

まず刺繍音
これは針で縫う刺繍のように
ひとつ上の音やひとつ下の音を
すくってオシャレする音形のこと。

次に経過音は、
旋律がなめらかになるように
途中にある音を拾って入れたもの。

ドーミーソーという
旋律の骨格があったとしたら、
音の隙間に経過的に飾りを
入れるやり方なんですね。

 

次に倚音
旋律の骨格になってる音の
前に出て来る飾りの音。

「次に骨格の音、来るぞ来るぞ!」
というあおりみたいなもので、
その骨格の音に行き着いた時に
「ほらきたー!これだよ!」
という感じをさせる音のことです。

そして逸音
これは音階にある音に続いて
出て来るそこの部分の和音にない
音のこと。

先取音は次に出てくる和音の音を
先取りしちゃったせっかちな飾り。

掛留音は反対に前の和音にある音が
次の和音にまで伸びて
続いちゃってる飾り。

ざっくりですが飾りの音には
こんな種類があるんですね。

ハーモニーを取り出して合わせる
なんて練習をするときは
この旋律の骨格になる音を
合わせて行きましょう。

飾りはオシャレのために濁りを
作るためのものですから、
合わせようとしても難しいし
ハーモニーとしては
あまり重要な意味がないことも
ありますからね。

そしてどんな飾りの種類があるか
あらかじめ知っていたら
調判定の基準の例外を見るときも
「あ、これはこのタイプの飾り?」
なんて可能性を考えることが
出来るんですね。

覚えておくと便利ですよ!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 合奏・アンサンブル, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド