アナリーゼ ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

どっちでもいいリズム

初めての曲でリズムを見たときに、
三連符付点のリズム
どうして違うものとして
書き分けられて
いるか
考えたことってあるでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

どちらもなんとなく「タータ」の
弾んだ感じのリズムかな、
なんて思ってはいませんか?

作曲家がそのリズムを選ぶときに
「どっちでもいいけど
一応三連符にしとこう」
なんて思って音を書くことは
ほとんどないでしょう。

実際三連符と付点のリズムは
全然違うものです。

何か意図があって楽譜に
そう表記しているのに
なんとなくの三連符なのか付点の
リズムなのかわからないような
あやふやな演奏をしてしまっては
作曲者の意図したことが
ボヤケてしまいますね。

そう言われると
「よし!気をつけよう!」
なんて決意する方も中には
いらっしゃるかもしれませんが、
自分のそれまでの習慣で
甘くなっていたものは
決意だけでは大抵2日もすれば
忘れてまた甘くなってしまう
ことが多いです。

そういうリズムやテンポの精度を
上げようと思ったら継続的に
意識せざるを得ない状況を作る
のが有効です。

レッスンに通うのも一つの手ですが
録音して自分で聴くのを習慣にする
など色々工夫はできそうですね。

ぜひ気にしてみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド