楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.130の
譜例44を見てみましょう。

この譜例、
パッと見たところファにシャープが
付いているので理論で考えると
G-durのような気が
するかもしれませんね。

では声に出して歌ってみましょう。

上手く歌えなければピアノか
アプリか楽器か何か音程の
わかるもので音を鳴らしてみます。

最後にどの音に行きつきたい
感じがするでしょうか。

実際に音を出してみると
Cの音で解決したい感じ
するのではないでしょうか。

このFisは飾りとしての刺繍音なので
音階本来の音ではないんですが、
どれが音階本来の音なのか
またどれがそうじゃないのかを
裏付けられることを目的に
旋律は書かれているわけじゃ
ありません。

必ずしもフレーズの中で
理論的に分析できるだけの材料が
揃ってるとは限らないんですね。

そして大抵のフレーズは
歌えば何調かわかります。

というと個人的に思い出すのが
ソルフェージュの先生から
「わたしたちは歌えばわかるけど
生徒を教えるときには
そんなこと言っちゃダメよ。」
と釘を刺されたこと。

ちゃんとしたソルフェージュの
教育を受けてなければ
歌ってもわからないのは
自然なことだからです。

そして歌って何調かわかるのなら
理論的な分析は必要ないわけです。

逆に歌ってわからないなら、
分析してみる必要があるんですね。

また、
音楽は誰かに聴いてもらってこそ
意味があるものなので、
分析がゴールではなく
書いてあることをどう聴かせたいか
自分でわかるために分析が
必要になるんです。

奏者がわけがわからないと
思っていたら、
お客さんに意味が伝わるわけは
ありませんからね。

ということで本にも書いてある通り
視唱能力をつけることがまず第一、
それを裏付けるために
理論も知っておきたいんですね。

まずはソルフェージュが出来て、
それを助けるものが
楽典や音楽理論だということ、
忘れないでおきたいですね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。