アナリーゼ 音楽理論

調性判断を一緒にやってみましょう

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.130の
問題20から行きましょう。

これはパッと見たところ
シャープ系のフレーズのようです。

シャープがつく順番は
ファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ・シ
です。

下の段3小節目で何も付いていない
レの音が跳躍してるので
これは音階本来の音です。

そして上の段2小節目のGisが
跳躍してるので
これも音階本来の音と言えそう。

つまりシャープが3個の調、
A-durかfis-mollのどちらかだ
ということがわかります。

その上で下の段4小節目で
Eisが跳躍しているのが
気になります。

跳躍してるってことは音階本来の音
だということですが、
シャープ3個の調では
Eisは出てきません。

つまり何か短調の導音の可能性
あるんですね。

導音は半音上の主音に解決するので
Eisの半音上であるfisが主音になる
にはfis-mollのはず。

fis-mollはシャープ3個ですから
さっきの予想とも合います。

ってことでこの問題20の答えは
fis-mollでした。

毎度書いていますがやっていって
慣れると結構簡単なものですよ。

ぜひ自分でやってみて下さいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド