アナリーゼ 音楽理論

転調したフレーズの調性

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.128の
例題3から見ていきましょう。

この問題は転調していますね。

途端に不安になりましたか?

転調は別に怖くありませんから
大丈夫ですよ!(笑)

「この音があったら
多分この調だな」
という裏ワザ的な見方もあるので
ぜひ知っておきましょう!

さて、
この例題も本の中ですでに丁寧に
解説がされているので、
それをまずは読みましょう。

その後で簡単に別の方法でも
分析してみましょう。

色んな見方が出来ると
実際の曲を読むときに便利です。

まずどの辺りで転調しているか
何となく知っておくために
全体を眺めます。

前半はシャープ系の雰囲気ですが、
後半はフラットが出てきています。

わかりやすいですね。

それがわかったらまず前半の調を
調べましょう。

シャープの付く順番は
ファドソレラミシです。

そしてファとドはシャープですが
ソは何も付かない音が跳躍していて
音階本来の音のようです。

ラもシャープが出てきていますが
何も付かないラもあってそちらが
跳躍していますからこれは
ただの飾りのシャープでしょう。

ということはD-durかh-mollです。

そして短調の場合の導音のラは
特に半音上げられていないので
D-durですね。

次に後半はフラットに中に
シャープの付いたファが
跳躍しながら混ざっていますね。

フラットの中に混ざったシャープは
大抵短調の導音なので、
これを見ただけでg-mollではないか
という予測が出来ます。

それを裏付けるように
跳躍したシとミにフラットが
付いているので予測通り
だということがわかります。

この例題の答えは
D-durからg-mollへの転調ですね。

数をこなしていくほどスピードも
精度も上がっていきますから
ぜひ色んな楽譜で調を
見てみて下さいね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド