楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.127の
例題2から進めて行きましょう。

ひとまず自分で判断してみたら
本の解説が丁寧に書かれているので
それを読んでみましょう。

その次に注として
他の判断の仕方もあるので
他の方法も試しましょう
とのことですが、
そんなこと言われても
何を試せば良いのか
迷ってしまうかもしれませんね。

ということで別の解き方も
ご紹介しましょう。

まずざっと眺めるとこのフレーズは
フラットがたくさん使われて
いますね。

跳躍した音にもフラットがいくつか
付いているのでシャープ系でない
ということは間違いないでしょう。

フラットの付く順番は
シミラレソドファ。

ラまではフラットが付いていて
レはナチュラルなのが
それぞれ跳躍した音として
出てきています。

ということでフラット3つの
Es-durかc-mollだってことが
わかります。

さらに短調なら導音が半音
上がってるはずですが、
HではなくBが音階本来の音のよう
なので短調ではなさそう。

ということでフラット3つの長調
Es-durだということがわかります。

やってみれば簡単ですねえ。

次回は例題3を見てみます。

どんどん数をこなして
慣れて行きましょう!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。