アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

指に関係する関節あちこち

Pocket

前回の記事では指の動きはより軸に近い部分がどうなっているかに影響を受ける、というお話でした。

では指より軸に近い身体側で腕の関節って何があるでしょうか。

・手首
・ひじ
・肩

それだけでしょうか?

他には

鎖骨
肩甲骨

このふたつも腕の仲間です。

だから胸鎖関節も腕の関節と言えるのですね。

肩甲骨は背中側に関節はなく鎖骨としか接していません。

肋骨とは接してないのですね。

肋骨の上の筋肉に乗っているだけで骨としては隙間があるだけ。

関節もなにもないので左右上下前後どこにでも好きなだけ動けます。

だから肩甲骨が背中に張り付いてると思い込んでいれば脳からは「肩甲骨を一ヶ所に固めておけ!」という指示が出ます。

この指示は楽器の演奏には役に立ちません。

また、鎖骨も胸鎖関節から前後上下に動けます。

試しに自分で鎖骨を触りながら腕を挙げたり下げたりしてみましょう。

かなりダイナミックに動いてるはずです。

腕が動くのは肩から、と思っていると脳からは「胸鎖関節から鎖骨が動かないよう固めておけ!」という指示が出て、これも楽器演奏には有害なことも。

そしてひじ、肩、胸鎖関節など「関節」というのはそこから折り畳む動きをするときに動きは効率的ですが、関節の隙間を縮めて短くするのには不向きというか動きが悪くなるだけでそういう機能はありません。

ファゴットやサックスの右手、トランペットやトロンボーンの両手(スライドを動かす右手は特に)、フルートの左手は特に関節を縮めるのでなく折りたたむことが役に立ちますが、細かい運指が必要な場合も大きい軸に近い関節を動けるようにしておくか固めておくかで指の自由度がまったく変わってくるのです。

指が動きにくいのは指だけの問題ではなく、関連した近くの関節に「動くな!」の指示が出ている可能性、気を付けてみてくださいな。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド