アレクサンダー・テクニーク 思考と心 身体の仕組み

指の動きやすさは腕が決める

Pocket

特に指に怪我をしているわけでも不具合があるわけでもないのになぜが動きがスムーズに行かない、そんなことってありませんか?

人間の身体は軸に近いところが無駄に力んで固まるほど末端の動きが悪くなるそうです。

「指が何だか動きにくいな」というときの原因としてはいくつか考えられますが、手首や肘や腕など指よりも軸に近い関節を固めていることがひとつの原因ということも。

たとえば腕を固めるというのは、腕に関係するいくつかの関節を動かないように固定しているという意味です。

意識的にでも無意識にでも動かないようにしている部分があるのなら「動いてはいけない」という身体への指示が脳から出ているわけなので「指だけ動け!」というのは身体全体を見ると矛盾した指示になってしまいます。

脳からの指示が混乱してたら、それでも身体は指示に従うのでわけのわからない不具合が起きたりするのですね。

試しに「腕を肘から曲げる」という動きをやってみましょう。

どこの筋肉が働いたかわかりますか?

何となくでいいのでどのあたりが働いていたか覚えておきましょう。

そしたら次は反対に腕を伸ばす動きをしてみます。

今度はどこの筋肉が働いたでしょうか。

それも何となくでいいので覚えておきましょう。

それができたら今度は二つを同時に「腕を曲げながら伸ばす」という動きをやってみましょう。

曲げる時に働いた筋肉と伸ばす時に働いた筋肉の両方を使うのです。

どうですか?できましたか?

腕の筋肉も曲げる筋肉と伸ばす筋肉それぞれが働いたら拮抗しあって動きにくくなりますよね。

これが腕を動かないようにする時に働いてる力です。

これをやると同時に指を動かしてみたらどうでしょう。

これも動きにくいですよね。

指以外にそんなことが起きているとそれよりも末端に近づくにつれて影響は大きく出るそうです。

もしかしたら他にもあちこちでこういうことが起きて不具合に繋がっているのかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド