ソルフェージュ 思考と心 練習

先に進むときに注意したいこと

Pocket

ドーと歌いながら心の中でレーと思い浮かべる、出来た方は更に先に進みましょう。

有吉尚子です。こんにちは!

ここで先に進む時に大切なのは出来ていないのに進まないこと。

「とにかく数をこなすことでいつの間にか慣れる」というのは時間と手間がかかりすぎるので忙しい大人奏者はぜひ最短で上達する方法を選んでいきましょう。

まだ出来てない方は始めの課題をクリアするまで根気よく繰り返してくださいね。

次に進む方はレーと声で歌いながら今度は「ミー」と心唱します。

ばっちり思い浮かんだら声でミを出してそれをピアノなどで合ってるかどうか確認します。

この手順でオクターブ上までやってみましょう。

それができたら次は下りです。

ドーと歌いながら「シー」と心唱。

同じ手順で最初のドまで戻ります。

上りと下りではかなり頭の使い方が違うのがわかるでしょう。

いつも上行形しかやらないと下行形がやりにくく感じて苦手になってしまいますから気を付けたいポイントですね。

このソルフェージュトレーニングはシンプルな練習パターンですがはじめは結構難しいと思います。

テンポをは決めなくていいので好きなだけ声を伸ばしながら心でのイメージができるまで充分待つことが大切。

必要なだけの時間を取るのがどんな練習にも不可欠ですね。

できるようになるまで自分を待つ。

つい焦って忘れないようにしてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド