楽器練習効率化ガイドブック

ドーと歌いながら
心の中でレーと思い浮かべる、
出来た方は更に先に進みましょう。

有吉尚子です。こんにちは!

ここで先に進む時に大切なのは
出来ていないのに進まないこと。

「とにかく数をこなすことで
いつの間にか慣れる」
というのは時間と手間が
かかりすぎるので忙しい大人奏者は
ぜひ最短で上達する方法
選んでいきましょう。

まだ出来てない方は
始めの課題をクリアするまで
根気よく繰り返してくださいね。

次に進む方はレーと声で歌いながら
今度は「ミー」と心唱します。

ばっちり思い浮かんだら声で
ミを出してそれをピアノなどで
合ってるかどうか確認します。

この手順でオクターブ上まで
やってみましょう。

それができたら次は下りです。

ドーと歌いながら「シー」と心唱。

同じ手順で最初のドまで戻ります。

上りと下りではかなり頭の使い方が
違うのがわかるでしょう。

いつも上行形しかやらないと
下行形がやりにくく感じて
苦手になってしまいますから
気を付けたいポイントですね。

このソルフェージュトレーニングは
シンプルな練習パターンですが
はじめは結構難しいと思います。

テンポをは決めなくていいので
好きなだけ声を伸ばしながら
心でのイメージができるまで
充分待つことが大切。

必要なだけの時間を取るのが
どんな練習にも不可欠ですね。

できるようになるまで自分を待つ。

つい焦って忘れないように
してくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。