ソルフェージュ 思考と心 練習

鼻歌で音程感覚を身につける方法

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

相対音感をつけるような方法は今までに幾つか紹介しました。

今回は実際の曲の中で正確に音程を取っていくためのトレーニングをやってみましょう!

まず心の中で「ドー」と歌ったらピアノかスマホアプリかチューナーの音を鳴らすかで確かめてみましょう。

チューナーの針を見ながらまん中に合わせるのはまったくトレーニングとして無意味なのでやめましょうね。

それで聴いてみた音が心の中で思い浮かべた音と合っていたら、おめでとうございます!それは一音だけにしろ絶対音感が付いたということ。

違っていたら、今聴いた音を思い出しながらもう一度心の中で歌ってみます。

何度かやるうちに段々音程を覚えて行けるようになりますから根気よくチャレンジしてみてくださいね。

合っていた方は先に進みます。

次はドーと声に出して歌いながら心の中でレーと思い浮かべます。

どんな音程だったか、どんな身体の響き方をするか、音名の「レー」というのと一緒に思い出してみましょう。

何となくあやふやにではなくばっちりちゃんとイメージできたら、実際に声を「レー」と出します。

次にピアノかアプリかチューナーでレの音を鳴らして合っていたのか、違っていたならどれくらい低かったのか高かったのかを確認します。

ただ単に「あー違った、残念」で済ませては進歩しません。

どれくらいどうズレていたのかを知るのは大切ですよ。

毎回ランダムにズレるような気がしていたとしても、何度も繰り返すうちに自分のズレの傾向が見えてきます。

傾向が見えてきたら「じゃあ次は少し高めに低めに」という対策が立てられますからその傾向が見えるまで繰り返してくださいね。

はじめはこの2つの音だけで、焦らず根気よくやっていくのがオススメです。

これが出来るようになると狙った通りに正確に音程を取れるようになります。

ぜひチャレンジしてみて下さいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド