アレクサンダー・テクニーク 合奏・アンサンブル 本番 練習 身体の仕組み

曲の最後が苦しくなるとき

Pocket

長い曲を練習するとき、いつも最初からはじめて後半に行くにつれて疲れていき、終わり間近になるとヘロヘロ…「最後がうまくいってないけど今日はもう疲れたからまた今度」なんてことになってはいないでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

途中から始めればできるけど本番では最初から始めるんだし、なんて思うかもしれませんね。

それは確かにその通り。

とはいえ、分解した方が集中して細部が丁寧に練習できるのなら、それを避ける必要はありませんね。

私が大学に入りたての頃に教えてもらった練習の仕方に、後ろから見ていくというのがありました。

長くて複雑な曲を練習するときに役に立ったのでご紹介します。

これはある程度譜読みができて通したときにどうなるかな、という段階でする練習です。

曲の最後にかっこいい複雑なパッセージがあるようなこと、結構ありますよね。

まずそういう部分から曲の最後までを通してみます。

最初からやるとできなくてもそこからならできるってことは多いでしょう。

それができたら次はさっき始めたところのほんの1フレーズ前から初めてまた最後まで通します。

次はもう1フレーズ前から初めてまた最後まで通します。

この繰り返しで曲の最初からになるまで遡り続けます。

そうすると曲の中で一番たくさん吹いたことのある部分は最後の苦しくなるところになりますね。

いつも最初からはじめてヘロヘロになり曲の最後は一番苦しいのに一番不慣れな状態になっていては緊張したりいつもと違う状況の本番で失敗したとしても不思議はないですよね。

吹き続けて苦しい度合いも徐々にあげていくことで体力作りにもなり大変な場面をたくさん練習することにもなり、とってもいい練習だと思います。

私も実技試験の直前の時期なんかによくやっていました。

ピンときたら取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 合奏・アンサンブル, 本番, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド