アナリーゼ ソルフェージュ ダイアリー

音楽の歴史ールネサンスー

Pocket

前回の記事では一つの旋律をみんなで歌っていた時代から、だんだんいくつもの旋律が出てきてリズムも揃えられるようになった中世のあたりまでのことをざっくりと見てみました。

有吉尚子です。こんにちは!

今回はルネサンスの頃はどんな風だったのかササっと見てみましょう!

ルネサンス音楽では宗教曲は教会を中心にオルガン(はじめは伴奏というより
複雑化した各声部のサポートとして)など器楽も取り込みながら発展を続けます。

宮廷や貴族の元では娯楽のためにお抱え音楽家がいたりして管弦楽器も用いられるようになり世俗音楽も育ちました。

このころはまだポリフォニー(多声部であり、各声部は対等の重要さをもつ。それを構成するのが対位法。)での音楽が主流です。

各声部が対等の旋律でも同時に鳴れば和音が出来ますから、だんだん横の流れだけでなく縦の理論(和声学)も発展しました。

和声が発展すると、教会旋法だけでは響きが複雑になってうまくいかないので長調・短調など現代に続く音階が使われるようになってきます。

そして、1550年前後にルターの宗教改革に対抗して開かれたトリエント公会議でポリフォニーの音楽が制限されたり、演劇での歌詞など一人または少数の人が歌う旋律と伴奏の様式(モテット)が出てきたために発展したのがホモフォニーです。

このメロディと伴奏、という組合せは現代では当たり前に見る形態ですよね。

そこからバロック音楽へとさらに時代を下っていきます。

ひとまずバロック以前のところ、複雑なようでかなりざっくりですが興味のある方は文献もたくさんありますからどうぞ調べてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, ダイアリー

© 2021 聴く耳育成メソッド