楽器練習効率化ガイドブック

本番でミスをしてしまったとき、
「あれをやってれば・・」
「これもしておいたら・・」
そんな後悔を感じるときって
あると思います。

でもその後悔は本当に他の選択肢が
あったからしているんでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

突然の話題ですが、
以前飼っていた犬が
突然虹の橋に行ったとき、
火葬してもらうために
専門の業者さんに依頼しました。

火葬場に車で移動しながら
気落ちしているわたしたち家族に
こんな言葉をかけてくれたんです。

「必ず常に最善だと思うことを
 してきたはずだから、
 もっとアレをコレをしてたらと
 後悔することはないんですよ」

これ、全くその通りですよね。

人はいつでも状況や疲労度や
大切なこととの優先順位の中で
最善だと思うことを選んで動いて
生きているのであって、
わざと状況が悪くなるような選択は
するわけがないんですね。

ということは本番で失敗したり
試験にクリア出来なかったり、
という場面でも言えるのでは
ないでしょうか。

残念に感じたり悲しい気持ちに
なることは当然あるでしょうが、
持ってる時間と体力とお金の中で
自分にとって大切だと思うことから
優先的に出来るだけのことをして
その結果があるのなら、
悔やんだり自己嫌悪になるのは
建設的でないかもしれません。

そんなときは
最善を選んだ自分を責めるよりも
まずは手をつくした自分を認める
というのも次にどうするか考えて
改善していくためには
大切なプロセスだと思います。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。