アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

基礎はなくてもまあいいや

Pocket

音楽の基礎と言われると、楽器に触る前になにか修行のようなことをしなきゃならない、そんなイメージをいだきませんか?

そう思うとしたら、「基礎は無いけど今はそれなりに楽しく演奏できてるし、まあ別にいいや」なんて感じてしまうのも不思議ではありませんね。

音楽の基礎になるソルフェージュや楽典とか身体と心のことって、楽器を使って音を出すのに比べたら確かに地味な作業だし、音楽を何もやったことのない全くの初心者がチャレンジして楽しいと感じるようなことではないというのは確かでしょう。

だからわたしは個人的には音楽の基礎スキルを身につける前に音楽の楽しさを知るのって、大切なことだと思うんです。

むしろ今までたくさん演奏してきて「もっと何かやりたい」「今よりもう一歩進んでみたい」そんな風に音楽の魅力にすでに虜になってる人の方が、基礎スキルを求めたい気持ちになるんじゃないでしょうか。

基礎知識がなきゃ楽器を触らせてもらえないとしたら、きっとほとんどの人が音楽が楽しいと感じる前にうんざりしてしまうでしょう。

でもそれまでにある程度やってきて音楽の楽しさを知っているし、今よりもっとその楽しさを大きくしたいと思ってる方にとっては基礎の学びはとんでもなく面白いエンターテイメントなんですね。

そしてその基礎を学ぶのが面白いとは感じないってことは、今はまだそれほど上達に興味が湧いていない段階なのだと思います。

良いとか悪いとかじゃありません。

そういう人にとって今取り組むべきは基礎スキルのアップじゃなくて単純に楽しさを味わって音楽を好きになることだというだけのこと。

基礎のスキルや知識を学ぶのって音楽の土台ではあるけれど、我慢の次に楽しさが来るようなものではなくて、それ自体が喜びに満ちてる面白いことなんです。

レッスンや講座ではそれを味わいたいという方を歓迎していますよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド