アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

指の動きを勘違いしてませんか?

Pocket

速いパッセージで指回りが上手くできないという場合、もしかしたら指の動かせる場所を勘違いして動かないところを一生懸命動かそうとしているということがあるかもしれません。

今回はそんな例をご紹介します。

有吉尚子です。こんにちは!

ひとつめ、手のひらを見てください。

指の付け根ってどこでしょう?

実は先端から3番目のシワのよってる部分ではないのです。

手相で感情線と呼ばれる横の線、ここが指の付け根です。

先端から3番目のシワのところは指の骨の途中ですからそこを動かそうとしたらちょっと不自由な感じがしませんか?

手を横から見たら一目瞭然ですが、指の動きの起点はここなのですね。

本来の関節と見せかけの関節、両方動かしてみて快適さを比べてみましょう!

スピードも動きのストレスも疲れ方も全然ちがいますよね。

他にも手首も指回りに関係しています。

バイバイの動き、おいでおいでの動き、これは手首で出来ます。

でも手のひらと甲をひらひらと裏表させる動作、これは手首の動きではありません。

ひじ関節の動きなんですね。

ひじが関わる運指はこの記事に詳しく書いています。

無意識でうまくいっているときは問題ありませんが、楽器の練習など意識的に動作を行う場合に、動かないところをむりやりに動かそうとすると、人間の身体は優秀ですから構造的に無理でもそれを行おうとします。

でも。

動かないようにできている部分は頑張ってもやはり動かず、ムダに疲れたり痛くなったり、それでもさらに動かそうとすればケガをしたりします。

レッスンのときに「指が動きにくい」という生徒さんに「どこを動かそうとしてますか?」と訊いてみると、動かない部分を関節だと信じてそこを動かそうと努力している、というパターンも結構あるのです。

これではいくら時間をかけて練習してもやりにくいはずですね。

身体の構造を正しく知っているというのはそういうムダを省いたりケガを防いだりできるという点でとても役に立ちますよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド