楽器練習効率化ガイドブック

今日は改めて演奏の他に
わたしがレッスン活動をしている
理由と目指しているものについての
お話をしたいと思います。

そもそもわたしは「音楽の先生」に
なるつもりはありませんでした。

自分が演奏するプレーヤーで
いられればそれで良かったんです。

なので学校教員の免許は
あえて取りませんでした。

演奏活動をしていきたいからこそ
誰よりもやってると言えるくらい
たくさん練習をしたし、
積極的にオーディションを受けたり
コンクールにチャレンジしたりして
活動を広げて行ったんです。

ところが。

ある程度のところまで行ったら
それ以上なにをしたらいいか
わからなくなったんです。

楽器のコントロールテクニックを
磨くトレーニングとしての練習は
本当にたくさんしてきました。

なのに音楽的な歌い方などは
感覚的に何となくの雰囲気でやる
以外の発想が無かったんです。

だからあるときに
「音楽的ってなにか」
「芸術の魅力って」
「美しさってどういうことか」
と思ったときに
何を拠り所にしたらいいか
わからなくなったんですね。

指をどうやって速く動かすか、
跳躍をどうやってきれいな
レガートにするか、
タンギングを速くやる方法は、
そんなことはわかっていましたが
音楽性や歌い回しの学び方を
知らなかったんです。

というかどこかで学べるものだ
ということも知らないし、
誰かから教われるかもしれない
なんて考えてもみませんでした。

さらに音程やリズムが揺れたときに
戻ってくる軸もありませんでした。

だから誰かの演奏を聴くときも
やたらめったら不整脈みたいな
揺らした演奏をしているのか、
音楽的な解釈やソルフェージュの
裏付けがあって整合性のある
節回しなのか見分けが付きません。

指や舌が速いなんていうのは
音楽の深さや美しさとは
何の関係も無いことが
すでにわかっていたので
すごいとは思いませんでしたが、
「こんなに大胆にテンポを
揺らせるなんてすごい勇気だ」
なんてトンチンカンな感想を
持ったりしていました。

そして自分が歌い回すフレーズを
やるようなときには、
メトロノームやチューナーが
手放せません。

さらに合奏になったときに
メトロノームやチューナーでは
合ってるのに何かズレて聴こえる
なんてことの原因も対策も
わからなかったんです。

それはソルフェージュが
出来ていないことと、
和声や対位法、音楽理論など
アナリーゼが実際の音楽と
結びついていないことが
原因だったのでした。

学校の試験で点数化できる
成績なんかじゃ測れないことが
足りてなかったんですね。

モヤモヤし続けていたある日、
とある音楽プロデューサーが
「ソルフェージュをもう一度
やり直してみたら?」
と声をかけてくれたのがきっかけで
一から学びなおすことにしました。

そこでハーモニーやリズムを聴く時
耳を傾けたいポイントや
響きというものの作り方と
自分の中に持っておきたい基準を、

さらにアレクサンダーテクニークで
身体と心のコントロールについて、

ダルクローズのリトミックでは
アナリーゼと音楽の結び付けや
誰かに教える時の伝え方、

などなど音大では学ばなかった
たくさんのことを身につけました。

(ここでは触れてませんが
大学は大学で価値ある学びが
あったのでムダではありません)

他にもいくつかの心理学系の
メソッドや子供に教える手法や
指揮者のための勉強会など
役に立ちそうなものは
手当たり次第に試したんですね。

そうやって色んなところから情報を
拾い集めるように学んできました。

学びを進めていくうちに、
聴いた音の何が良いか良くないか、
趣味がいいってどういうことか、
歌い回すときの基準は何なのか、
揺らしたときに戻ってくる軸は、
なんていうそれまで知らないせいで
足枷になっていたことがわかって、
今度はそれが演奏するための武器に
なることを実感していきました。

そうこうするうちに
音楽の演奏に役立つものって
ここに集約できるなと思ったのが
ソルフェージュとアナリーゼ、
そしてアレクサンダーテクニーク。

これを早い段階で知っていたら
こんな回り道は必要なかったし、
もっと若い楽器を始めた初期に
これを学べば良いよとアドバイスを
くれる人に出会えていたら
どんなに良かっただろうと
つくづく感じました。

そして専門家を目指す人だけでなく
趣味として音楽をする人が学んだら
どんなにムダなく効率的に上達して
音楽的にも深いところに
行けるだろうかと思ったのです。

そんなわたし自身が
もっと早く知りたかった
今後の音楽ライフが変わっていく
きっかけになるようなこと、
拾い集めてきた知識やスキルを
演奏をしたいと思う全ての人が
身につけやすく学びやすい形に
まとめるという作業は、
絶対に今後の音楽業界全体の
クオリティを底上げしていくし
活性化して盛り上げていくことに
繋がると気がつきました。

ということで、
講座やレッスンという形に
わたしがあちこちで学んできて
実際の演奏活動で役立ったことを
厳選してまとめて、
音楽センス引き出しレッスンとして
現在お伝えしています。

自分が通った道を誰かが辿るなら
そっくりそのままではなくて
通りやすいように道を整備するのが
先に通った人の仕事だと思うから。

そんなこんな始めは教えるという
選択肢に入れもしなかったことを
演奏のかたわらしていくのが
わたしの人生のミッションだと
思うようになって、
今はこの活動をしています。

もっともっと音楽を心から
楽しめる人が増えて行きますように
という願いを込めて。

ソルフェージュって言葉も知らない、
そんなレベルからでも学べるメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
はこちらから無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。