コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 思考と心

目立たせたり隠れたりするための吹き方色々

Pocket

前回の記事では合っている音の聴こえ方について書きましたが、これは音程だけでなく倍音や音質も関係しているのです。

チューナーで測ったらピッタリ同じ音程に見えたとしても、何となく目立って聴こえる音ってありますよね。

周りから比べて特に速い音の立ち上がりだったり、高い倍音を強調していたり、というのも際立って聴こえる原因になりうるのです。

逆に隠れてこっそり吹いたり絶対に飛び出さずに1stに付ける!なんて思ってる時は少し柔らかめの発音にしたりほんのちょっと暗めの音程にしたり低い倍音をたくさん使ったりなんてことをします。

こんな書き方をするとすごく高度な話のようですが、みなさん結構無意識でやっているのですよ。

「周りを引っ張っていこう!」と思ってる人は潔く音を出すし、「ちょっとここは自信がないからこっそりしていよう・・」と思ってる人は恐る恐るそうっと発音していますよね。

それは本人の意図の通りにばっちりコントロールできているとも言えます。

そしてもしも自分の意図としてはハッキリ発音したいと思ってるのになぜかモサッとしてしまうなら、変えることができるものに息の量や吹込みのスピードがあって倍音や立ち上がりを変化させられるというのを知っておくこと。

そうすれば「もっと勇気を持って!」「ここで気合いを入れる!」なんて何をしたらいいかわからないおまじないに頼らず実際に出来ることがクリアになるかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド