アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

新しいことがしっくりこない

Pocket

「この構え方は良さそう!」「新しい呼吸法にしてみよう!」

そんな風に思ってさっそく新しいやり方を試してはみるものの何だかうまく新しいことができている気がしない・・・。

そんなことってありませんか?

これは新しいことが馴染むのに時間が必要というのとは別に、やるべきことをしていないから起こることでもあるんです。

そのやるべきことというのは、古いやり方をやめること。

「何だ当たり前じゃないか!」

そう思うかもしれませんね。

例えばレッスンのときに、いつもより少し前傾になりながら吹いてみたらうまくいったから自分でもやってみよう!

なんて場面。

もちろん問題なく前傾することができる人もいますが、いまいちしっくりこないならそれまでのクセであった「反る動き」を同時にやっているなんてことも。

うそだと思ったら試しにやってみるといいでしょう。

意外に身に覚えのある動きかもしれませんよ。

さて、反る動作と前傾する動作を同時にやってみたら果たしてどんなことが起きるのでしょうか。

拮抗筋が邪魔しあって不自由な動きになるし呼吸も楽なはずありませんね。

それでは次に、反る動きをやめてから前傾したらどうでしょうか。

さっきとまったく同じ、なんてわけはありません。

というのは一つの例ですが、新しいことをいきなりはできないということも多いのです。

まずは古いことをやめる必要があります。

そして習慣的にやってることは無意識で起きていることが多いので意図して古いことをやめる、そのための時間を取ることが必要なんです。

古いことをやめるために一瞬待つ、それだけで新しくやりたいことがクリアな動作になるかもしれませんよ。

ぜひ試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド