楽器練習効率化ガイドブック

「もっと歌って」
という指示をされて、
どうしたらいいかわからないから
とりあえず歌ってそうな
身体の動きをしてみる、
そんなことってありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

確かに動きがあるというのも
パフォーマンスとして魅力的になる
ひとつの要素かもしれませんね。

ところで。

管楽器の場合は歌うといっても
視覚的にではなく聴覚的に
音色変化や歌い回しに影響するのは
楽器に空気を送り込む作業を
どのようにやるかということです。

どんなにクネクネ動いてみても
楽器に空気を送り込む作業に
変化がなければ音としては
歌っているようには聴こえません。

そう言葉にしてみると
当たり前のことですよね。

でも意外に歌うことと
クネクネすることがイコールだと
無意識で思ってしまってることって
ありがちなんです。

歌うというのは特徴的な音や
フレーズの音量を変えたり
ほんの少し長さを工夫したり
音色を変えたり
アタックを強調したりなど
頭の中にある
「ここをこうやりたい」
というのを実際の音にしていく
作業のこと。

自分が気持ち良くなったり
動きをクネクネしてみせることとは
全然関係ありません。

「歌って」
という指示を受けたら
「自分はどう歌いたいかな?」
というのをはっきりさせることが
まず最初に必要です。

どう歌いたいかを
自分でわかっていないのに
とにかくクネクネ動いたら、
見てる方からしたら
気持ち悪いだけですからね(笑)

整理しておきたいポイント
かもしれませんね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。