楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.96の
「短音階」の項目から
みてみましょう。

短音階っていうのは基本的に
長音階と比べると主音から
3番目、6番目、7番目の音が
半音低くなったものです。

だから長音階とは全音半音の関係が
変わるんですね。

そして短音階は3種類あります。

3・6.7番目の音が低くなった
そのままの音階「自然的短音階」

7番の音が主音である1に近づいて
半音上げられた「和声的短音階」

和声的短音階の7番が半音上がると
6番目の音と7番目の音が
増2度になってしまって
離れすぎだから音階を滑らかに
するために6番もついでに半音
上がった「旋律的短音階」

この3つですね。

旋律的短音階の6番は7番は
音階を登っていく時に滑らかに
行きたいだけなので、
音階を下る時は半音上って
おしゃれをする必要はないから
下りは半音上がったりせず
元の短音階の音に戻ります。

つまり旋律的短音階の下りは
自然的短音階と同じなんですね。

ということで長音階に比べると
3・6・7の音が半音下がるのが
特徴なはずなのに6・7は
半音上がったりすることがあるので
その音がどうなってるかで
長音階か短音階か判断することは
できないんです。

ここで頼りになるのは
3番目の音だけ。

大抵の場合、この3番目の音が
半音高いか低いかで
音階の長短が決まります。

では試しにピアノかアプリか何かで
実際に聴いてみましょう。

「ドレミファソ」と白い鍵盤だけで
シャープフラット無しに
弾いてみます。

別段なんてことはない
明るい雰囲気ですよね。

では次に「ドレ♭ミファソ」と
ミにフラットをつけて
弾いてみましょう。

あらららら。

何だかちょっと物悲しい雰囲気
早変わりしちゃいましたね。

この3番の音が変わるだけで
旋律の雰囲気が
かなり違っちゃうんですね。

ということで今回は
短音階の基本的な構造でした。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。