アレクサンダー・テクニーク 合奏・アンサンブル 思考と心 身体の仕組み

ミスを引き出す励まし

Pocket

絶対にミスを『しない』演奏とミスしてもいいからチャレンジを『する』演奏、あなたはどちらがしたいですか?

有吉尚子です。こんにちは!

何かを「しない」と思うより別の何かを「する」と考えた方が身体も快適に動けないでしょうか。

新たなことを身に付けるときやパフォーマンスをする時など、危機感に煽られながらやる場合と安全が確保された環境でやる場合、どちらかというと安全な場所でやる場合の方が質が高くなるというのはすでにずいぶん知られて来ているようですね。

これって自分が演奏するときや練習する時はもちろんですが、本番前に仲間や生徒さんに言葉をかける場面でも同じことが言えるかもしれません。

「絶対うまくやろう!」「失敗は許されないよね!」

そんなことを言い合うグループと「ミスは起こるものだからそれも含め思いっきりやろう!」

と言い合うグループではどちらがチャレンジのある表現やイキイキとした演奏を出来るか想像するのは簡単ですね。

失敗が許されない思考では何かをやるというよりもやらないことに注意が行きますが、現実的に起こりうる可能性のあるミスから目をそらさずにその上でしたいことを意図するのは逃げでも甘さでもなく、より良いパフォーマンスをする為の建設的な姿勢なんですね。

「ちょっとでもミスしそうなチャレンジなんて許さない」

そんな役に立たない決め事にお互いに縛られていたらたくさんの繊細な動きが必要な演奏なんてやりにくくてしかたありませんもんね。

どんなことが起きてもお互いにフォローし合えるという信頼感は思い切ったチャレンジをするためにとっても支えになります。

あなたは普段本番前に仲間や生徒さんにどんな言葉をかける選択をしていますか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド