アナリーゼ 思考と心 音楽理論

テンポを上げなきゃ間が持たない

Pocket

指の練習って楽器演奏をする人なら誰でもするものでしょうが何のためにするんでしょうか。

わたしたち演奏者は指を速く動かすために指の練習をしたいというわけではありません。

じゃあ何のために指の練習をするかというと、曲の中で出てくる速いパッセージも問題なく吹けることで自分がやりたい音楽を自由にそして作品が求めるようにやるために必要だからなのですね。

大事なのはテクニックに問題がない方が自由な表現をするための余裕が持てるということで、速く吹くことがエラいのではないってこと。

学生時代のわたしは何でもかんでも指定テンポより速く吹きたいスピード狂でした。

フランセのコンチェルトさえ指定テンポより速く吹いていたスピードマニアです(笑)

でもそんなことに音楽的な意味はまったく無いのです。

音楽は世界記録を求めて速度を追求するような競技ではありませんから。

そして速いテンポでないともたれたり退屈な感じがしたりするというのであれば、音楽を表現出来ていないから。

つまりゆっくりにてしまうと中身が空っぽで間が持たないから「速くてカッコいい」に逃げたくなるのです。

作曲家がスピード感を持って演奏してほしいと思って書いた作品があったとしても、スピードだけが求められてるなんてことはほとんどありません。

盛り上がりと落ち着きのストーリー展開や音色の変化、ニュアンスの微細な違いを見せたりなどスピード以外の要素だってたくさん求められてるはず。

それが楽譜から読み取れなければ「じゃあテンポを速くしよう」というところにしか工夫する余地がなくなってしまいますよね。

「細部が緻密に演奏できないからテンポを上げてごまかそう!」なんて自覚がなくても結果的に楽譜を読み込んだりなど頭を使わずテクニックだけの演奏することになってしまってはもったいない。

カッコ良くしたいなら単純にテンポを上げることだけに頼らず楽譜を読み込んで表現を磨くことも大切にしたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 思考と心, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド