楽器練習効率化ガイドブック

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp,.139の
「和音」から行きましょう。

有吉尚子です。こんにちは!

これは以前の記事でも解説してる
内容と重複することもあるので
サラリと通り過ぎたいと思います。

まず最初に「和音とは」、
と書いてある通り2つ以上の音が
同時に鳴ったときに出来る
響きのことを言います。

音が同時に3つ鳴るなら三和音
4つ同時に鳴るなら四和音
なんて呼び方をします。

主に曲の中で使われるのは三和音、
四和音、あたりですね。

たまに「複和音」とか「非和声音」
などでそれ以上たくさんの音が
同時に鳴ることはありますが、
ひとまずそれは置いといて
考えなくて大丈夫。

和音を構成する音の呼び方は
本に書いてある通り。

疑問の余地はありませんね。

p.140の三和音の種類も見たまま
理解して問題ないでしょう。

ドミソを基準にして、
そこにシャープやフラットが付くと
どうなるかという考え方をすると
比較しやすくわかりやすくて
良いですね!

とはいえ説明の余地なく
わかりやすい解説ではありますが、
実際に自分で和音を作ってみるのと
「ふーん、わかったわかった」
で済ませてスルーするのでは
理解度と記憶の定着度に雲泥の差が
生まれますので例題や問題は
丁寧にやっていきましょう。

やらずにわかった気になっていると
必ず後でつまづきますからね!

ということで例題は答えが
書き込まれてますが、
例題1,2,3と問題1-4を
実際に解いてみましょう!

本にも解説があるので特に問題は
ないでしょうが、
ここで気を付けたいことが一つ。

それは音階の中には各音は必ず
一つずつしか存在しないってこと。

例えばファのシャープと
ファのナチュラルは一つの調の中で
同時には絶対に出てこないんです。

だから一つの調の音階構成音で
和音を作るときは
同じ高さで表記される違う音
というのは使わないんです。

ということで
ファのフラットより
ミのナチュラルの方が親切、
なんてこともありません。

和声的にその調でミが2つ登場する
なんてことになってしまっては
親切どころか
何の調なのか訳がわからなくなって
しまいますから。

そんなことだけ、
注意しておきましょうね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。