アナリーゼ 音楽理論

転調してるフレーズの調

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみるシリーズ、
今回はp131の問題22を
やってみましょう。

これは転調しているので
どのあたりから楽譜の雰囲気が
変わるかだいたいでいいので
見当を付けてみます。

短いフレーズですがシャープと
フラットが混在してるところと
フラットだけになるところ
と見て前半と後半でしょうか。

シャープとフラットが混在
している場合は、
シャープのついた音が短調の導音
という可能性があります。

このフレーズを見てみると
シャープ系で最初に調号の付く
ファにはシャープが付かずに
跳躍しています。

ということはシャープ系の
フレーズではないということ。

そして跳躍したCisが3小節目にあり
これは音階固有の音だということを
考え合わせるとそれが導音になる
d-mollの可能性があります。

d-mollの調号はフラット1つなので
Bが出てきているのは頷けます。

始めの方にGisがありますが、
これはそれぞれ次の小節のAを
強調するための飾りの音のよう。

旋律の骨格を見てみると
3小節目まではただのAの
伸ばし音型のようです。

でもただの伸ばしだけよりも
飾りが入った音型の方が
オシャレな感じがしますよね。

音階固有音の条件のところで
例外の項目にあった非和声音
覚えていますか?

このGisはAに向かう刺繍音です。

その次のBは二重の刺繍音でもあり
音階固有の音でもありますね。

ということで2度上がるときの
シャープは飾りの可能性が
あるわけなのでこのGisは
無視してしまって良さそうですね。

次に後半、
これはBとEが出てきていて
Eが何かの導音でない限り
フラットは一つの様子。

Eが導音になるにはf-mollで
フラット4つのはずですが
ミにもラにもフラットはないので
導音ではなさそう。

ということはF-durかd-mollの
どちらかなわけですが、
d-mollの場合はCisが導音に必要。

それも無いのでこれはF-durです。

つまりこの練習問題は
d-mollからF-durという
平行調に転調しているわけですね。

飾りの音がどれなのかわかると
シンプルに楽譜が見られて
旋律の向かいたい先や歌い方が
イメージできるようになるので
こういう練習問題はたくさんやって
慣れるのがおすすめですよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド