アナリーゼ 音楽理論

調性判断の練習問題を解説します

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.131の
問題21から行きましょう。

練習問題をどんどんやって
慣れていきたいですね。

このフレーズはパッと見たところ
フラット系でダブルフラットも
登場していますね。

でも調号としてダブルフラットが
使われることは無いので
安心してくださいね。

これも他の練習問題と同じく
まずはフラット系で何の音まで
調号が付いているかを調べます。

探してみると跳躍している
ソと♭レがあるので調号は
レまでの4つと考えられます。

その上でdurかmollかを知るには
導音があるかどうか。

フラット4つの短調はf-mollなので
導音はミのナチュラルですね。

そしてEは特に出てきていなくて
跳躍しているEsがあります。

ということで導音はありませんから
これはフラット4つの長調、
As-durということがわかります。

簡単なのでもう一つ問題22も
見てしまいたいところですが、
次は少し解説が長くなりそうなので
次の記事で書きますね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド