楽器練習効率化ガイドブック

楽譜に書かれたリズムの意図を
何となくであやふやに捉えていたら
演奏も生ぬるくなるのは
自然なことではあります。

そしてもう一つ、
楽譜の意図はわかってるけど
リズムが甘くなりがちな原因は
思いもよらぬポイントかもしれない
ブレスコントロールにあることも。

鋭いリズムパターンを表現するには
テンポ通りに指を動かして
息を流していたらできる
というわけではないんです。

有吉尚子です。こんにちは!

というのは、
ゆるいリズムの演奏に比べたら
鋭さを出すには
小さなアクセントをつけたり
隠し味的に強調するといい音
というのがあるからなんですね。

その隠し味まで楽譜に書くと
大げさになりすぎたり
意味が違ったりしてしまうので
書かれていないことでも、
やらなかったら
スパイス抜きのカレーみたいな
締まりのない味になるワザ
管楽器にはあるんです。

知ってましたか?

リズムを書いてある通りの
ニュアンスにするためには
隠し味が必要なんです。

そしてそれは管楽器では
ブレスコントロールのテクニック
なんですね。

どんなコントロールが必要かは
具体的な曲で実際にその人が
すでにやっていることは
どんなことかによって変わります。

そしてプロ奏者は普段当たり前に
無意識にやっていることなので
あまり話題にされることもないし、
外から聴いただけでは
相当耳が鍛えられていないと
どこに隠し味が仕込まれてるか
気付かないことも。

リズムが甘いからリズム練習、
そんなありがちなアイデアでは
さっぱり解決できないことも
ブレスコントロールを加えると
あっさりできたりするんですね。

わたしも理論的に知った時は
ちょっと感動した覚えがありますが
これが使いこなせると
表現の自由度がグッと上がるので
演奏が楽しくなっちゃうんです。

詳しく知りたい方は
あなたがすでにやっていることと
やっていないことをレッスンで
実際に聴かせてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。