アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク レッスン 練習

管楽器に必須な奏法を知ってますか?

Pocket

楽譜に書かれたリズムの意図を何となくであやふやに捉えていたら演奏も生ぬるくなるのは自然なことではあります。

そしてもう一つ、楽譜の意図はわかってるけどリズムが甘くなりがちな原因は思いもよらぬポイントかもしれないブレスコントロールにあることも。

鋭いリズムパターンを表現するにはテンポ通りに指を動かして息を流していたらできるというわけではないのです。

有吉尚子です。こんにちは!

というのは、ゆるいリズムの演奏に比べたら鋭さを出すには小さなアクセントをつけたり隠し味的に強調するといい音というのがあるからなのですね。

その隠し味まで楽譜に書くと大げさになりすぎたり意味が違ったりしてしまうので書かれていないことでも、やらなかったらスパイス抜きのカレーみたいな締まりのない味になるワザが管楽器にはあるんです。

知ってましたか?

リズムを書いてある通りのニュアンスにするためには隠し味が必要なんです。

そしてそれは管楽器ではブレスコントロールのテクニックなんですね。

どんなコントロールが必要かは具体的な曲で実際にその人がすでにやっていることはどんなことかによって変わります。

そしてプロ奏者は普段当たり前に無意識にやっていることなのであまり話題にされることもないし、外から聴いただけでは相当耳が鍛えられていないとどこに隠し味が仕込まれてるか気付かないことも。

リズムが甘いからリズム練習、そんなありがちなアイデアではさっぱり解決できないこともブレスコントロールを加えるとあっさりできたりするんですね。

わたしも理論的に知った時はちょっと感動した覚えがありますがこれが使いこなせると表現の自由度がグッと上がるので演奏が楽しくなっちゃうんです。

詳しく知りたい方はあなたがすでにやっていることとやっていないことをレッスンで実際に聴かせてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド