楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽器に初めてさわる頃、
先輩や先生のお手本を見て聞いて、
たくさん真似をしながら
上手になってきましたよね。

その参考にしてきた奏法は
きっと人それぞれ
違ったことでしょう。

体格も体力も筋肉の使い方も、
ちがうのは当然と言ったら
そうでしょうね。

もしかしたら、
その中に先輩・先生には合うけど
あなたには合わない奏法
まぎれこんでいて、
今のあなたの演奏を
不自由にしているってことは
ないでしょうか?

例えば、
わたしは海外で現地の先生から
レッスンを受けたときに
「右の親指は根本ではなく
 先端で楽器を支えなさい」
と言われました。

その先生は若くて身長も
190センチくらいある
体格のしっかりとした方です。

帰国してしばらくはせっかく
もらったアドバイスですから
試してみていました。

しかし、
親指の先端で楽器を支えていると
わたしには楽器が重くて
長時間持っていられなく
なってきたんです。

それでも学生なので
練習をする必要があるし、
とそのまま無理に吹き続けます。

そして親指で支え切れない分、
肩を持ち上げたり腕を固めて
動かないようにして
補助するようになりました。

そんなことをしていると
音質はだんだん鋭く硬く
コントロールの融通が
利かなくなっていきます。

力みを生んで響きを止めているの
ですから当たり前ですよね。

親指の先端で楽器を支えると
指回りが効率的になるという理由で
すすめてくれたアイデアでしたが、
指の根本で支えていたわたしは
指回りに特に不自由も制限も
感じていなかったのに、
先端で支える奏法にしたら
何だか動きにくくなって
しまいました。

楽器を落とさないように
腕全体を固めたら
指を動かす筋肉は邪魔されるので、
まあそれはそうなんですよね。

そのうち慣れるかなと
試していましたが3週間ほどで
本末転倒なことに気付いたので
あっさりそのアイデアは辞め、
そうしたら音質も指回りも
元通りになりました。

その先生はとても大柄ですから
親指の根本で支えると
他の指が長すぎて余るんですね。

それに全体的に筋肉も強いから
重すぎるという問題も起きず、
彼には先端で支える奏法が
合っていたのです。

ご自身が自分の骨格体力で
うまくいっているアイデアを
教えて下さったわけで、
もちろん生徒がより良くなることを
願ってのことです。

さて、
新しいアイデアに接したときに
あなたはどうしていますか?

有名奏者が大きな音を立てて
息を吸っていたら、
腕を引き込んでいたら、
それを真似しますか?

クセというのは何かその人固有の
意図があってやっているの
かもしれないし、
本当はやめたいと思ってるのに
やめられない習慣かもしれません。

有名人がやってるから、
偉い先生が門下生全員に
そうさせてるから、
そういう理由で特徴的な奏法を
取り入れるのは危険です。

何のためにどういう効果があって、
それが自分に合うのかどうか、
無検証でアイデアを採用せず
ちゃんと自分で確かめましょう。

ひとつのアイデアが
良い効果を出すのか、
続けたらケガをしそうな
気配があるのか、
そういうのは本人でなければ
わかりませんからね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。