楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.93の「音階」
からみていきましょう!

音階は長短合わせて
たくさんの種類がありますが、
これはスケール練習なんかを
していると自然に身に付くもの
でもあるんですよね。

譜例2に長音階の構造が
解説してあるので覚えておくと
便利かもしれませんが、
ここに書いてあるって
知っておくだけでも
「あれ?なんだっけ?」
という時に
どこを調べたらいいかわかるので
ここに書いてあったことを
覚えておくだけでもOKです。

ちなみに覚えるのなら
簡単な方法があります。

その調の主音(C-durならCの音)
から数えて何番目かということで
音に番号を振ります。

C-durなら

C→1
D→2
E→3
F→4
G→5
A→6
H→7
C→1

となり、G-durなら

G→1
A→2
H→3
C→4
D→5
E→6
Fis→7
G→1

となります。

そしたら後は超絶簡単

長音階ではどの調でも同じく
3と4、7と1が半音関係で
残りは全部全音の関係なんです。

シャープやフラットがどこにつくか
わからなくたって、
主音(1番の音)から音を並べて
3と4、7と1が半音に
それ以外が全音になるように
調号をつければ良いんですね。

よくあるスケール練習というのは
その音の並び方を感覚として
身につけて調性感を養うのが
目的でもあるんです。

音階の構造を知識としても
感覚としても知っていると、
調性の中である程度
次の音が予測できて
譜読みが早くなるので、
知っておくと良いですよ!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。