楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回はp.110の
「調の相互関係」から行きますね。

同主調
同じ音から始まる長音階と短音階。

平行調
調号(シャープフラット)が同じ
違う音から始まる長音階と短音階。

属調
最初の調の主音から5番目の音から
始まる音階。

これは最初の調が長調なら長音階、
短調なら短音階です。

下属調
最初の調の4番めの音
から始まる音階で、
これも長短は最初の長と同じ。

ここまでの調のまとまりを
近親調といって、
割りと音階の構成が近い
お互い似ているものです。

親戚みたいなものですね。

それ以外は遠隔調といって、
まあ他人みたいなものです。

それが把握できたらp.114の
例題1から順番に問題を
やってみましょう。

すぐ下に書いてあるからって
いきなり回答を読まずに
まずは自分で考えてみるのは
大切ですよ!

例題は解説が書いてあるので
ここでは重複して触れませんが、
問題だけ解説してみましょう。

まず問題15
A-durの下属調はD-durなので、
これと調号が同じになるのは
h-mollですね。

次に問題16
このソプラノ譜表で書かれた音は
Esなので、
これが5番目になる調はAs、
長調と言われてるので音階は
As-durですね。

As-durと同じ調号の調はf-moll、
Fの音とf-mollの調号を
アルト譜表で書けばいいですね。

最後に問題17
ヘ音記号で書かれたこの音はG、
それが6番目になる短調はh-moll、
それと同じ調号の平行調はD-dur、
D-durの5番目から始まる属調は
A-durですね。

A-durを普通のト音記号で
調号を使わず臨時記号で書きます。

「ただし短調の場合は・・」
と書かれてますが、
短調じゃないので関係ありません。

引っ掛けですね(笑)

やってみると簡単ですよね。

実際の曲の中では属調や下属調、
平行調に転調するのは
よくあること。

ソナタ形式なんかだと
特にわかりやすくて、
展開部から属調になってる
なんて例はものすごくたくさん。

私の大好きなモーツアルトの
ピアノ・ソナタ7番C-durもそう。
http://urx.blue/I0oT

1ページ目の最後3小節から
Fisが出てきてますね。

C-durの曲ですがここからG-dur、
つまり属調に転調したんです。

なんとなく可愛くコロコロして
新しく変化していく感じが
出ていますよね!

リリー・クラウスの演奏で
聴いてみましょう。
https://youtu.be/PGWlkeTJB50

ちなみにわたしがご紹介する音源は
自分の趣味とは無関係に
音楽性や歌い方を学ぶのに適した
演奏を取り上げています。

ぜひ楽譜を見ながら
聴いてみてくださいね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。