楽器練習効率化ガイドブック

響かせたいならノドを広く開ける、
そんなことってきっと一度は
聞いたことがありますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

音の響きを作るのにノドが
どうなっているかは、
やはり関係はしています。

そして豊かに鳴らしたり
柔らかく響かせたりするのは
息がたくさん流れているとき
ですよね。

その息の流れを遮ってしまうと
響きにくくなったり
音が鋭くなったりします。

でも息の流れを遮るのをわざわざ
やりたい人はいないでしょう。

なぜそういう動きが出てきて
しまうと思いますか?

ダメでありたい人なんていないので
やってることはいつも何かしら
肯定的な意図があるんですよね。

試しに一つ実験をしてみましょう。

唇をすぼめた状態で少しずつ
息を吐いていきスーと音が出るのが
どれくらいの息になったときか
調べてみましょう。

だいたいわかりましたか?

では次に。

息の出す量は一定のままで
唇を少しずつすぼめていって
スーと音がするのはどの辺りか
探してましょう。

どうでしょう。

どちらもだいたい似たような
息と唇のすぼめ具合のときに
スーという音になったと思います。

唇のすぼめ加減(息の通り道)と
息の量のバランスが取れたときに
吐く息のスピードが上がって
スーと音がするんですね。

そして実験してわかったように
吐く息のスピードを作るのは

・息の量が増えたとき
・息の通り道が狭くなったとき

この二つです。

つまり
使っている息の量が少なければ
息の通り道を狭くしなければ
スピードが生み出せないんですね。

だからノドやアンブシュアを
締め付けてしまいがちな場合の
解決策は締め付けないように
緩めることじゃないんです。

締め付けることを必要とする原因を
解決することなんですね。

ここでいうなら例えば
締め付けが強くなくても
バランスが取れるように
もっとたくさんの息を流すこと。

なので締め付けグセのある人に
「締めないように」
と伝えるだけでは効果は
なかなか出にくいんです。

なにか不具合があるのなら
直接その問題にアプローチするより
「根本原因は何なのかな?」
と考えるほうが効果も高くて
近道になったりしますよ!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。