楽器練習効率化ガイドブック

この前レッスンのときに
いつも困ってた箇所ができました。

もう大丈夫だなと安心していたのに
いざ合奏の中でやろうとすると
やっぱりうまくいかないんです。

そんなことって経験ありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

これ、出来た時がまぐれだった
というわけではありません。

やろうとすることを丁寧に
確認しながらやれば出来るのなら
あなたはもうそれをする技術は
あるんですね。

でもいざ合奏の中に入って
色んな刺激に気を取られながら
慌ただしくやろうとすると
できないというのは、
まだ無意識で選べるほどの
習慣にはなっていないということ。

つまり、
合奏の中でそわそわしながら
やるときには
新しくて上手く行くことではなく、
今までのやり慣れていて
上手くいかないことを無意識で
選んでやっているからなんです。

新しくて上手く行くやり方を
選択するのに慣れていないなら
それは当たり前ですよね。

何事もとっさに反応しなきゃ
ならないようなときや
無意識でやろうとしたときには
慣れてるやり方を選びがち。

だからこそ新しい動作を選ぶのに
慣れるまではゆっくり確実に
選択するという積み重ねが
必要なんです。

練習というのは技術そのものを
身につけるというだけじゃなく
その技術を使うことを選ぶ、
という脳の使い方の習慣づけも
含んだものなんですね。

新しく始めたやりたい動作が
無意識にそちらを選べるような
慣れた動作になるまでは
ちゃんと意図して選択が出来る
だけの時間を取るというのも
大切なものですね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。